2020年06月30日

事業戦略にはBCPの発想がいる

 BCPは単なる防災対策ではなく、我が社の生き残り戦略を考えることだ。
 災害が起きたときのために作るものという認識では対応を間違ってしまう。
 BCPを作るということは、いまの事業戦略がどうあるべきか、ということにまで検討が及ぶということなのだ。
 このことをご理解いただくために、私のセミナーでは様々な事例を紹介しながら説明している。
 
 今回は、新たな事例をご紹介しよう。
 BCPでの事前対策として、「サプライヤーの複数化」ということがよく行われることだ。
 重要な原材料を1社からしか仕入れていない場合、その1社から入らなくなったら、我が社は稼働できなくなってしまう。
 そのためのリスク分散として、複数の業者から同じ原材料を仕入れるようにしよう、というのがサプライヤーの複数化だ。
 さて、これをサプライヤーの側からみるとどういうことになるか。
 従来は単独サプライヤーとして、取引の優位性が維持できていたが、取引先がサプライヤーを複数化してしまうと、我が社のライバルが登場するということになり、事業の優位性を失いかねない事態となる。
 これはサプライヤーにとっては、ゆゆしき事態だ。

 ある部品加工会社の事例。
 ここは、大手企業の特定の部品加工を単独受注していた。
 というのは、その部品は、通常の加工方法では不良の発生率があまりにも高く、歩留まりが非常に悪い。
 受注業者は、簡単に納期遅れを起こし、無理に対応しても高コストを強いられることになる。
 だが、その加工会社は、現場の試行錯誤により、不良率を劇的に減少させる技術を開発した。
 それで、その部品加工だけは、その会社しか受注できない状況が続いていたのだ。
 会社としては、その技術を特許申請しようかと検討したが、やめることにした。
 というのは、特許申請するということは、その技術を公開することになり、それはライバルにヒントを与えることにもなりかねない。
 それに、特許期間が過ぎたら、その技術は誰もが使い放題になる。
 幸いにも、この技術はできあがった部品を見ただけでは、どのように作っているのかは分からないようになっている。
 だったら、特許申請せず、我が社の秘匿技術として管理しようということになったのだ。

 ある時、親会社から連絡があった。
 親会社ではBCPに取り組んでおり、今回の役員会議で、すべての部品についてサプライヤーを複数化するという方針が決まったというのだ。
 当然ながら、この特殊加工の部品も複数化の対象となる。
 しかし、同じものを他社にやらせると、不良品だらけになってしまう。
 そこで、親会社の担当者がこんなことを言ってきた。
「他社にも同じ部品を作らせたいので、不良のでない作り方を、ちょっと教えてあげてくれませんかね」
 担当者は、簡単なことと思っていたのだろう。
 特殊な加工といっても、特許技術を提供しろといっているわけでもなく、やり方をアドバイスするだけ。
 親会社が頼めば簡単にやってもらえるとでも考えたのかもしれない。
 これは、加工会社にとっては、とんでもない話だ。
 この加工技術を開発するのに、どれほどの努力と時間とコストを費やしたことか。
 それを簡単に他社に教えられるはずがない。
 当然ながら、事情を説明してお断りする。
 すると、担当者はこう言った。
「でも、サプライヤーの複数化は、うちの方針として決まっちゃったんですよ。
 この部品加工の複数化ができないとなると、この部品を使っている製品を廃盤にするか、この部品を使わない仕様に設計変更するしかなくなります」
 明らかに脅しだ。
 加工会社に提示された選択肢は2つ。
 1つは、親会社の言う通り、同業他社に技術ノウハウを提供して、同じように加工できるようにする。
 1つは、提案を拒否し、親会社との取引終了を覚悟する。

 同業他社に技術ノウハウを提供したらどうなるか。
 とりあえず親会社との取引は継続できる。
 だが、我が社の取引の優位性は失われる。
 同業他社がシェア拡大を狙って値段競争を仕掛けてきたら、対抗手段はもはやない。
 いま一番の稼ぎ頭を失うことになる。

 親会社の提案を拒否したらどうなるか。
 たぶん、親会社の心証を悪くし、長期的な取引の継続は危うくなる。
 次の仕様変更のタイミングで、この部品は外されることになるだろう。
 そこで、取引終了だ。
 いずれの選択肢も、我が社にとって生き残れる道ではない。

 そこで、加工会社は、3つ目の選択肢を逆提案することにした。
 親会社がどうしてサプライヤーの複数化を行なうのかというと、重要部品のリスク分散をするためだ。
 だったら、そのリスク分散を我が社の中で行なうことができれば、同じことではないか。
 加工会社は、事業戦略を練った。
 遠方の加工工場と提携し、そこでも同じ部品の加工を行う。
 本社工場が停止した時には、遠方の工場から直ちに部品供給できる体制を構築。
 我が社の中でリスク分散の対応をする計画をBCPに落とし込み、親会社に提示した。
 担当者はびっくり。
 でも、担当者の本音としては、何社にも同じ部品を発注し、それぞれ管理するのは面倒だったので、1社丸投げでリスク分散できるこの提案はありがたい話だった。
 上層部に諮ったところ、これで我が社のリスク分散と同じ効果が見込めるとの判断になり、例外的に単独発注が認められることとなった。
 
 この加工会社のBCPは、災害が起きたときどうするか、というところに目的はない。
 現在のビジネスを守るためにどうしたらいいかというところに視点が置かれていることがお分かりいただけるだろう。
 このように、BCPは単なる防災対策ではない。
 現在の事業戦略のあり方を決める重要な取り組みなのだ。
 
posted by 平野喜久 at 10:22| 愛知 ☔| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

NHK受信料 記事2題

 本日付け日経新聞にNHK受信料関連の記事が2題載っていた。
 
 総務省がNHKの受信料などを見直す有識者会議を開き、経営改革に向けて取り組むべき提言をまとめた。
 衛星放送は、現在の4波から3波に削減する方針が決まっているが、受信料は最近値上げしている。
 経営体質の改善が行われないまま、ただ形式上の経営規模の削減を行ない、むしろ受信料を値上げする姿勢そのものへの厳しい指摘がある。
 受信料徴収にかかる営業経費が、なんと受信料収入の1割を超える不自然さも指摘されている。
 NHKの営業経費とは、受信料の集金業務や未契約世帯への契約業務のこと。
 主に外部業者にやらせているものだが、これが700億円以上もかかっている。
 受信料収入総額が約7000億円だから、その1割以上を集金業務についやしていることになる。
 これは、通常のビジネスの感覚で判断すると、異常にコストがかかりすぎている。
 イギリス、フランス、ドイツなど、他の先進国の公共放送の営業経費は、受信料収入の1〜2%程度だという。
 これが普通だ。
 NHKが集金業務にこれほどのコストをかけているのには理由がある。
 今のように、スタッフに1軒1軒戸別訪問をさせて、集金させ契約させた方が、受信料総額が多くなると試算しているからだ。
 NHKはデジタル放送への移行に伴って、WOWWOWやスカパーのように、契約者だけ視聴できるようなスクランブル方式に切り替えることを想定したという。
 そうすれば、受信料の未収はなくなり、営業コストがかからず、国民の不公平感も解消する。
 未契約のままではNHKが見られないので、むしろ、受信契約が増えるだろうと予想した。
 ところが、テレビ離れが進んでいる現在、スクランブル化すると契約者が減り、受信料収入が激減するという試算が出たらしい。
 それで、スクランブル化はNHKにとってタブーとなり、700億円もかけて戸別訪問をするという前時代的な方法を維持せざるを得ないのだという。
 今回の提言では、子会社との業務委託のあり方にもメスが入れられた。
 NHK本体の予算は国会審議を経ているが、子会社の内実は不透明。
 ここが、経営合理化が一向に進まない元凶だ。
 いまのところ、有識者会議の提言のレベルであり、具体的な改革につながるかどうかは不明。
 だが、これは1放送局の経営の問題では済まない。
 国民全体の生活に直結する重大テーマだ。
 岩盤にようやく穴が開けられようとしていることを歓迎したい。

 もう1つの記事は、NHK受信料をめぐる裁判。
 東京地裁で画期的な判決が出た。
 NHKを視聴できないテレビを自宅に設置した者には受信契約の義務がないことを裁判所が認めたのだ。
 原告の女性は、NHKの放送信号を弱めるフィルターを作っていた大学准教授からNHKの映らないテレビを3000円で購入したという。
 NHKの主張としては、テレビの構造上は放送を受信できる機能が保たれており、電波増幅のブースターを付ければ元に戻すことが簡単にできるので、契約義務がある、というもの。
 これに対する裁判所の判断は、新たな出費をして手を加えなければ受信できないテレビは、NHKを受信できる設備とは言えない、とした。
 この判決は、ごくごく常識的で当たり前の判断を示しただけのように感じる。
 だが、これまでの受信料をめぐる裁判に比べると、NHKが完全敗訴になった珍しい例なのだそうだ。
 現行の放送法に基づいた受信料制度そのものに無理がある。
 受信料制度そのものの見直しの気運が高まることを期待したい。
 
 
 
 
 
posted by 平野喜久 at 11:04| 愛知 ☀| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

アメリカで感染再拡大

 本日の日経新聞記事による。
 アメリカでは新型コロナウィルスの完成が再拡大期に入ったという。
 3月中旬から急激に感染拡大が広がり、4月にピークを迎え、5月で減少傾向がみられていたが、6月に入って再び感染が拡大している。
 今では、1日に28,000人もの感染者が出ている。
 
 一時期は感染拡大の中心地はニューヨークやワシントンDCなど東海岸の都市だったが、今まで感染拡大を経験してこなかった西部や南部で感染が広がっているらしい。
 西部アリゾナ州では、人口10万人当たりの新規感染者数が38人と、1か月前の5倍に増えた。
 このままいくと、4月に爆発的な感染拡大を起こしたニューヨーク州と同じルートをたどりそうだ。
 南部のフロリダ州も同じ期間に3倍に膨らんでおり、予断を許さない。
 
 ロックダウンによる景気悪化を懸念した政府は、十分な感染収束を見ないまま経済再開にかじを切った。
 その結果が如実に表れている。
 運悪く黒人差別に抗議するデモも全国で行なわれ、感染拡大を助長しているように見える。
 大統領選の真っただ中で、大規模な選挙集会が行われており、驚いたことに誰もマスクをせずに狭い会場に密集している。
 会場入り口では、検温や消毒を行い、入場者には全員にマスクを配っているのにもかかわらず、誰もマスクをしない。
 第一、候補者のトランプ氏自身がマスクを拒否し続けている。
 どうやら、マスクをつけるのは弱さの表れという見方があるらしい。
 強いリーダーを見せたかったら、マスクは不要というわけだ。

 いまやアメリカの累計感染者は230万人を超え、死者は12万人に達している。
 この数字は今なお増え続けており、第2波の到来で死者は20万人を超えるだろうと予想されている。
 パンデミックは1国だけの問題ではない。
 日本国内で感染が収まったとしても、終息には至らず、世界の別のところの流行が日本へ波状的に襲ってくる。
 世界の感染状況を見ると、パンデミックの終息は簡単ではないと覚悟せざるを得ない。

posted by 平野喜久 at 15:36| 愛知 ☁| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

第2波への備え:パンデミックBCP

 緊急事態宣言が全面解除されて1週間、新しい日常が動き始めた。
 事業者への休業要請は大幅に緩和され、学校も再開。
 元の日常に復帰したわけではなく、第2波の警戒をしながら、日常を取り戻していくステップに入った。
 街中の人出も少しずつ増えてきた。
 臨時休業だった飲食店も開き始めた。
 観光地には近隣の人たちが訪れるようになってきた。
 電車やバスなどの公共交通機関にも人が戻ってきている。
 ただ、北九州市のように、解除と同時に急に感染拡大を見せる地域もあり、緊張感は緩められない。
 
 この新型コロナウィルスがどの程度の季節性があるのかは不明な点が多い。
 だが、過去の感染症の事例から、夏場に一旦小康状態になるという希望的観測があった。
 いま、まさにその希望的観測通り、日本は小康期を迎えている。
 
 新型感染症の状況は刻々と変化する。
 その変化のフェーズごとに名前が付けられている。
 
海外発生期→国内発生早期→感染拡大期→蔓延期→回復期→小康期

 これは新型インフルエンザを想定したフェーズ設定なので、今回のコロナウィルスについては、公式に使われていない。
 しかし、このフェーズ設定は、日本国内における状況認識のために非常に分かりやすい。
 今回のコロナ感染をこのフェーズにあてはめると、次のようになる。
 
12月〜1月:海外発生期
2月〜3月:国内発生早期
4月:感染拡大期
5月:回復期
6月〜:小康期

 緊急事態宣言の発出中は、感染拡大期〜回復期に当てはまる。
 日本では幸いにも蔓延期がなかった。
 いま、小康期にあるが、これで終息に向かうのではなく、いつ第2波が来るか分からない状態だ。
 第2波が始まったとすると、再び感染拡大期に入ることになる。
 そして、蔓延期、回復期、小康期と進んでいく。
 感染拡大期から小康期のループを何度か繰り返しながら終息に向かうことになる。

 第1波はたまたま蔓延期がなく済んだ。
 第2波はどうなるか分からない。
 過去の経験からは、第1波よりも第2波が大きくなるケースがあった。
 また、第1波で感染ダメージの小さいところほど、第2波の被害が大きくなるというパターンも知られている。
 第1波の様子から、第2波も同じような対応で十分と判断するのは危険だ。
 新型コロナに、インフルエンザのような季節性があるとすると、これから夏場はしばらく小康状態が続き、秋から冬にかけて第2波が始まることが予想される。
 この小康期は、いままでの遅れを取り戻し、第2波への備えをする貴重な時間だ。

 企業としては、第2波で来るかもしれない蔓延期の備えがいる。
 この蔓延期というのは、日本国内で感染爆発が起きている状態だ。
 市中感染がいたるところで発生し、医療現場は崩壊し、実際に従業員の中に感染者や重症者が出始める状況と考える。
 この時、企業として考えるべきは、職場で集団感染を起こさないこと、重要業務を維持することだ。

 蔓延期に、我が社はどのように業務を行なっていくのかについて、いまのうちに検討しよう。
 従業員一人ひとりが守るべき行動ルールも、いまのうちに整備しておこう。
posted by 平野喜久 at 09:41| 愛知 ☁| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

郵便局の営業時間短縮は妥当か:新型コロナ対策

 急ぎの書留郵便物があったので、16時過ぎに郵便局に出かけたら、なんと15時に閉店した後だった。
 しかたないので、翌日朝一番で出そうと思って、9時に出かけたら、営業開始は10時からとの張り紙。
 10時まで待つことはできず、先を急ぐ。
 結局この日も郵便を出せず、3日目にしてようやく出せた。

 新型コロナ対策として営業時間を短縮しているのだが、果たして郵便局の時短は意味があるのか。
 飲食店やパチンコ店が営業自粛したり、時間短縮したりするのは意味がある。
 店が開いていれば、どうしても客が来てしまい、そこで感染リスクが発生してしまうからだ。
 閉まっていれば、諦めようとなる。
 諦めたとしても、問題はない。

 ところが、郵便局は事情が違う。
 人びとは郵便局に暇つぶしに来ているわけではない。
 必要があるから来るのだ。
 郵便局が閉まっていたからといって、郵便を出すのを諦めるということはありえない。
 営業時間が短縮すると、その限られた時間に利用客が集中する。
 むしろ、3密状態をわざわざ作っていることになる。
 すると、利用客にとっても、郵便局職員によっても感染リスクを増大させていることになるのだ。

 基本的なインフラにかかわる事業者は、コロナ禍においても極力通常営業を維持する方向で対策すべきではないか。
 
 
posted by 平野喜久 at 10:24| 愛知 ☔| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

不正受給:持続化給付金

FRIDAYデジタルの報道による。

 持続化給付金の受付・支給が実施されているが、当初から懸念されているのが不正受給の横行だ。
 迅速至急を優先させるために、申請方法は極力シンプルに複雑さを避けた仕組みになっている。
 善良な国民を想定して完全に性善説を前提に作られている。
 当然、ここには不正可能な穴がそこかしこにある。
 詐欺師がそれを放っておくはずがない。

 報道では、ある40代男性の事例が紹介されている。
 この男性は節税目的のペーパーカンパニーを2社持っている。
 前年度の売上はほぼゼロ。
 これでは、持続化給付金の対象にならないので、税務署に修正申告書を提出して200万円ほどの売り上げを粉飾。
 同時に経費も200万円分計上。
 利益はゼロで法人税もゼロ。
 今年度のある月の売上を前年度の半分以下になるように作成。
 これだけで、形式上は上限の200万円を受給できる。
 当然、コロナショックで収入が減ったわけでも、資金繰りに窮しているわけでもない。
 それでも、ペーパーカンパニー2社+個人事業主1人で3件、計500万円分の給付金を申請したという。
 この事例の男性はいまは申請した段階で、実際にこれで受給できるかどうかは分からない。

 実際には、もっと多くのペーパーカンパニーを持っている人もいるはずで、もっと多額の不正受給をしようとすれば同じ手法で簡単にできそうだ。
 これは明らかに粉飾決算であり虚偽申告だ。
 実際に受給したとなると詐欺罪が成立する。
 だが、現実にはこの混乱の中、1件ずつ細かく裏どりをしている余裕はない。
 単純作業的に支給が行われるだろう。

 この不正のポイントは、前年度確定申告の修正申告にある。
 これがないと、売上半減以下という条件をクリアできないからだ。
 修正申告後の給付金申請は不正の疑いが濃厚だ。
 しかし、経産省と税務署は情報共有できていないという問題がある。

 ここは不正受給を抑止するためにも、悪質なケースを摘発して、社名や個人名をさらすべきだ。
 不正疑いのケースを見つけるのは簡単。
 修正申告後の給付金申請がキーワードになる。
 複数のペーパーカンパニーの修正申告を一度に行い、直後に給付金申請しているようなケースはよく目立つ。
 何をしても簡単に受給できると分かれば、更に詐欺行為を助長する。
 このような雰囲気は、国民全体にモラルハザードを引き起こしかねない。
 すべての申請を細かく精査する余裕はない。
 目立ったケースをピックアップし、詐欺罪での摘発事例として公表する。
 一罰百戒で、モラルハザードを抑止する手立てが欲しい。
 

 

 
 
posted by 平野喜久 at 10:11| 愛知 ☀| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

申請支援で過大の手数料:持続化給付金の便乗商法

17日付中日新聞による。

 持続化給付金の受付が今月から行われており、8日からは実際に支給が始まった。
 売上が前年同月比で50%以上減少した中小企業に最大200万円、個人事業主に大100万円を支給する。
 この給付金の申請手続きを支援する業者が現れ、過大な手数料を請求しているという。

 ウェブサイトやツイッターで宣伝している。
 手数料は支給金額の10%〜20%が相場。
 例えば、最大金額200万円の給付を得られたとすると、そのうちの20〜40万円が手数料となる。
 目ざとい業者が給付金ビジネスに目を付けた。
 個人事業主の中には、こういう申請手続きが嫌いで、文字だらけの申請要領を読むのも苦手という人もいる。
 パソコンのスキルがなく、オンライン作業ができないという人もいる。
 そういう需要を狙ったものだろう。

 だが、この持続化給付金については、手続き支援をするほどの内容はまったくない。
 国も迅速に必要なところに緊急の資金を注入することに力点を置いているので、手続きは非常にシンプルだ。
 申請はオンラインですべて完了する。
 企業情報と売上数字を入力すると支給額が自動計算される。
 「確定申告書」「法人事業概況説明書」「該当月売上明細」を画像データで送る。
 入金先口座情報と通帳の写真を送れば申請完了だ。
 申請サイトもものすごく分かりやすくできており、専門家でなければ分からないようなところは1つもない。
 独立して事業を行なっている経営者や事業主であれば、これぐらいの作業は難しくもなんともないはず。
 どうしても分からなければ、地元の商工会か、なじみの税理士に相談すれば簡単に済む。

 この給付金は、売上が激減してキャッシュフローが逼迫している事業者を緊急支援するための支援策だ。
 その貴重な給付金から高額な手数料を中抜きしようとするのは、人の弱みに付け込んだ悪徳商法に近い。 
 こんな業者に無駄金を投げるのはもったいない。
 
 実際にこれでどれだけの受注を得ているのかは不明だ。
 たぶん、相談や問い合わせぐらいは来ているだろうが、実際に申請代行する受注にまでは至っていないのではないか。
 ウェブサイトで宣伝し、申請代行の依頼を受けたとしても、必要な帳票類の画像データを送ってもらう必要があり、そんなやり取りがオンラインでできるような事業主であれば、自分で直接にオンライン申請ができてしまうからだ。
 また、申請方法を電話やメールでアドバイスしてもらいながら、自分で申請するとすれば、それは、公的な相談窓口に問い合わせるのと違わない。

 支援業者に過大な手数料を払うような必要性は存在しないことになる。
 あるとすれば、パソコンもスマホもいじったことがない個人事業主が、すべての作業を依頼するケースだ。
 その場合、事業主のところに出向いて、帳票類をスキャンするところから作業を代行することになる。
 それでも、商工会とのつながりがない、税理士との付き合いがないという零細の個人事業主に限られる。
 となると、ウェブサイトやツイッターで宣伝していても、このような客がアクセスしてくるチャンスはない。
 こう考えると、この給付金ビジネスは成り立たないことになる。
 
 
 
  
 
 
 
posted by 平野喜久 at 09:24| 愛知 ☁| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

小康期を経て第2波へ備える:新型コロナ

 14日、緊急事態宣言について39県で解除した。
 これらの地域では、新規感染者が非常に少ないレベルに抑えられており、感染爆発に至る恐れがなくなったからだ。
 この中に、愛知県が含まれていることは注目に値する。
 名古屋は、一時期、いくつかのクラスターが発見され、東京や大阪以上に感染拡大が広がっていた。
 ところが、クラスター潰しを徹底的に行うことで、経路不明の感染拡大を防ぐことができたようだ。
 人口の多い都市部では、感染拡大抑止は非常に難しいが、名古屋では初動がうまくいったらしい。
 宣言解除の対象から外れた8都道府県についても、明らかに感染は収束の方向に向かっており、宣言解除も近そうだ。
 
 2月には、中国武漢で医療崩壊が起き、感染者と死者が急増する様子を見て、明日は日本か、と恐れた。
 3月には、イタリアなどヨーロッパ諸国で爆発的な感染拡大が起き、2週間後の日本か、と心配した。
 4月には、アメリカのニューヨークで感染爆発が起き、次は東京だ、と恐怖した。
 ところが、日本が諸外国の後追いをする気配は少しもなく、まずは一旦小康状態に至りそうだ。
 5月6日現在での10万人当たりの死者数を比較すると、日本の少なさが際立つ。

 スペイン:55.3
 イタリア:49.12
 イギリス:45.35
 フランス:38.53
 アメリカ:22.44
 ドイツ:8.77
 日本:0.44

 日本が2月にクルーズ船の対応に苦労しているとき、ロンドン市長選の候補者が「2020年の五輪はロンドンで開催する用意がある」とコメントし話題になったが、このような油断と認識の甘さが、現状を招いた。
 いまや、イギリスの死者数は3万4千人。
 10万人当たり死者数では、イギリスは日本の100倍以上に達している。

 日本の対策が特別に優れているように見えないのに、なぜ感染爆発が起きず、死亡者も最小に抑えられているのか。
 これは、ジャパンミラクルとして、いまや世界の謎だ。
 ここに諸外国が学ぶべきとっておきの秘策でもあればいいが、それがなかなか見つからないところが悩ましい。
 それで、これをどう解釈すればいいのか、海外メディアも困っているようだ。

 たぶん、特別の対策が功を奏したというよりも、地味で目立たない活動が効果的だったのだろう。
 国内感染早期では、検査数を絞りクラスターをできる限り追跡して叩くという戦略が実行されていた。
 クラスター追跡の特別チームが編成され、見えないところで活動していたようだ。
 その片鱗は、NHKのスペシャル番組で紹介され、私たちの目に見える形で知らされた。
 このような見えないところで、優秀な頭脳集団が地道な活動をしていたのだ。
 不思議と、民放にはこの活動をしっかり取材報道するテレビ局がなかった。
 ただ表面的な情報を捉えて、いろんなコメンテーターに政府批判をさせているだけだった。
 「検査数が少ない」「全国一斉休校にしても無意味」「緊急事態宣言が遅い」
 民放の情報番組だけを見ていると、日本は世界一ダメな国に見える。
 
 この調子で進むと6月には緊急事態宣言は全面解除ということになりそうだ。
 解除といっても、元通りの生活に戻るわけではない。
 一旦、小康状態になるだけだ。
 ウィルスは終息に至っておらず、それがいつまた再燃するか分からない。
 「第2波は必ず来ると考えよ」と専門家が言うようになった。
 その第2波はいつ来るか分からない。
 警戒が緩むと同時に第2波が始まるのかもしれないし、夏場の間は小康状態が続き、秋口から感染が再燃し始めるのかもしれない。
 いずれにせよ、ここで小康期を向かえることになるわけだ。
 この小康期は、私たちにとって非常に貴重な時間となる。
 いままでの遅れを取り戻し、第2波への備えをする時間だからだ。
 
 今回の宣言解除をもって、私たちは元に戻るのではなく、新たなステージに進むことになる。



 
posted by 平野喜久 at 15:17| 愛知 ☁| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

持続化給付金の支給開始:新型コロナ支援策

 中小零細事業者向けの救済策として立ち上がった持続化給付金。
 早くも本日から実際の支給が始まるという。
 この持続化給付金というのは、新型コロナの影響により売上が激減した事業者に対して、当面の資金繰り支援の目的で設けられた。
 中小企業に最大200万円、個人事業主には最大100万円が支給される。
 支給条件としては、今年の1月以降で、去年の同月比で50%以上の売上減少月があれば対象となる。
 支給金額の計算式も提示されていて、「前事業年度総売上ー該当月売上×12」で算出できる。

 申請はオンラインですべて完了する。
 企業情報と売上数字を入力すると支給額が自動計算される。
 確定申告書、法人事業概況説明書、該当月売上明細を画像データで送る。
 入金先口座情報を入力すれば申請完了だ。
 ものすごく分かりやすくてシンプル。
 前例のないこれほどの仕組みをよく短時間に立ち上げたものだ。
 細かいチェックよりも、迅速な支給を優先していることが分かる。
 性善説に立って仕組みを作ったようだ。
 「濫救を恐れて、漏救を起こすなかれ」
 不正受給のリスクを恐れて支給条件を厳しくすると、本当に必要なところに資金が供給されなくなる、それを避けたかったのだろう。
 中小企業の場合は最大200万円という上限がある。
 これは、財務体力の弱い小規模零細事業者を優先に救うことを想定しているからだ。
 8日だけでも2万件以上、250億円以上の現金支給が行われるという。

 中小企業向けには他にも様々な支援策が立ち上がっている。
 無利子無担保融資、雇用調整助成金による100%給与保証も始まった。
 給与保証額の上限引き上げ、休業中の失業手当の特例措置、家賃支援も検討されているらしい。

 パンデミック時の中小企業の生き残りのポイントの1つに「資金繰り」がある。
 キャッシュインが急激に減少することで、資金繰り悪化を招く。
 BCPにおける資金対策の目安としては、事業が完全停止しても、3か月は耐えられるだけの手元資金が用意できることが理想だ。
 しかし、これは地震や風水害のような自然災害を想定した目安だ。
 パンデミックの場合は、影響が長期に及ぶ。
 2月に影響が始まり既に3か月が経とうとしている。
 手元資金が潤沢にある企業でも、いまから苦しい時期を迎える。
 持続化給付金の支給開始は、ベストタイミングだった。
 今後も様々な支援策が立ち上がってくるだろう。
 中小企業は、情報感度を上げ、利用できる支援は遠慮なく使っていくべきだ。



  
posted by 平野喜久 at 08:57| 愛知 ☁| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

生き残り戦略が問われている:パンデミックBCP

 コロナリスクが継続している。
 緊急事態宣言が発出されて以降、人々の行動は変わった。
 東京、名古屋、大阪などの都市部では、明らかに人出が減少した。
 新宿:81.9%減、名古屋:80.9%減、梅田:87.8%減。
 公共交通機関も、利用者の減少が目立つ。
 特に長距離の特急電車は、ほとんど空の車両を走らせているような状況だ。
 その甲斐あってか、感染者の減少傾向がみられるようになってきた。
 まだ、予断を許さないが、行動自粛の効果は確実で出始めている。

 さて、企業にとって、このコロナリスクは、深刻だ。
 リスクは2種類ある。
 1つは、従業員が感染し出社できなくなるリスク。
 もう1つは、経済停滞による需要減少のリスク。

 従来、パンデミックBCPは従業員の感染リスクだけを想定しているケースが多かった。
 だが、いまの日本では、欧米のように感染爆発には至っておらず、このリスクはそれほど大きくない。
 それよりも、深刻なのは、国民の行動自粛による経済の停滞だ。
 飲食業、観光業、宿泊業については、行動自粛が需要の消滅に直結しており、既に深刻な状況にある。
 国民の行動自粛が直撃しない業界でも、間接的にその影響は出始めており、事態長期化にともなって、その影響は大きくなる。

 新型感染症リスクは、簡単には終わらない。
 一般には、二冬超えないと終わらないと言われている。
 すると、夏場に一旦小康状態に至ったとしても、次の冬場に第2波がやってくることを覚悟しなければならない。
 過去の例では、第1波よりも第2波の方が被害が大きいということもあった。
 いま、日本では感染拡大が落ち着く方向にある。
 一旦小康状態になったら、その時が非常に重要な時間となる。
 今までの分を至急取り戻すと同時に、やがてやってくる第2波への備えを万全にする時間だからだ。
 
 パンデミックBCPでは、単なる感染予防の話だけでは終わらない。
 長期的経済停滞への備えの方が重要度が高い。
 従来通りの業務のやり方や事業内容では立ち行かなくなる。
 ならば、我が社はこの難局をどのように乗り越えていったらいいのか。
 これは、戦略的に考えていく必要がある。
 
 今回のコロナリスクに直面して、既に新たな試みを始めている企業は続々と出始めた。
 酒造会社が、高濃度アルコールの消毒剤を製造。
 老舗料亭が、サテライトオフィスの場所貸し。
 雨合羽メーカーが、医療用防護服の製造。
 ホワイトボードメーカーが、アクリル板による防護壁の製造。
 これらは、我が社の技術力をいまの需要に役立てようとする試みだ。

 飲食店が、テイクアウトのメニューを開発。
 野菜の卸業者が、新鮮野菜の通信販売。
 学習塾がオンライン指導。
 音楽アーティストが、コンサートのライブ配信。
 これらは、お客様へのアプローチの仕方を変える試みだ。

 昨日ウェブ会議である中小企業の社長と話をすることができた。
 その会社では、2009年の新型インフルエンザの時に、パンデミックBCPの準備を始めたという。
 マスクや消毒剤の備蓄は十分あった。
 感染症が始まった時の行動計画も既に作ってあった。
 在宅勤務の備えもしてきた。
 今回は、計画にのっとり、3月には一部社員を在宅勤務に切り替え、4月からは全社員を在宅勤務にした。
 事前の準備のおかげでスムーズに移行できたらしい。
 この社長は、前回の新型インフルエンザの時に、新型感染症は10年に1回起きるリスクだということを認識しており、まさに今回がその時だと捉えて迅速に行動したようだ。
 当初は、社員から「そこまで大げさにしなくても」という声もあったそうだが、結果として正しかった。
 
 この夏場の小康状態の時が非常に大事だ。
 いままで備えのなかった企業は、その遅れを取り戻し、第2波に備える貴重な時間となる。
 コロナリスクは、まだまだ始まったばかりだ。
 長期的な視野で生き残り戦略を準備していこう。


 

posted by 平野喜久 at 10:30| 愛知 ☁| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする