2021年12月16日

イギリスの感染拡大

 イギリスでも感染拡大が続いている。
 1日当たりの新規陽性者数が78,000人を超え、過去最大の感染状況にある。
 いま、デルタ株とオミクロン株の2つの感染が同時に起きているという。
 今後、感染拡大は継続し、1月から2月にピークを迎えるだろうと予想されている。
 ただ、重傷者は、過去の感染拡大期に比べると5分の1レベルに抑えられており、政府は再び行動制限をかける段階ではないとしている。
 
 イギリス国会では、政府の政策の失敗を追求し、ジョンソン首相は防戦に必死。
 「行動制限をかけろ」という意見に対しては、ワクチンの追加接種で対応すべきというのが政府の見解。
 ところが、ワクチンパス制度の導入法案が、与党が反対する中、野党側の賛成多数で可決されてしまった。
 7月以降、ワクチン接種が進んだ状況では行動制限をかけるべきではない、という見解の元、一貫して制限再開を拒否し続けているジョンソン首相。
 感染者数が過去最大のレベルに達すれば、重傷者や死者は確実に増加する。
 過去の感染拡大期に比べて実数は少なくなるが、着実に増加傾向にあるのを見ながら、ワクチン接種だけで乗り越えられるか。
 イギリスのケースは、いま行動制限を解除するとどうなるかを確かめる社会実験のようになっている。

posted by 平野喜久 at 10:01| 愛知 ☀| Comment(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする