2012年07月20日

「いじめ」という言い方をやめよう:あれは集団リンチだ

 大津のいじめ自殺問題。
 学校側や市教委側の対応不備から、世論の反発がさらに大きくなる一方。
 警察の強制捜査が入るに至り、ようやく、真相解明が進みそうな気配だ。
 
 今回のいじめ事件の内容を見ると、その苛酷さに驚く。
 これは単なる「いじめ」という表現レベルを超えている。
 これは、暴行であり、強要であり、脅迫であり、窃盗であり、人権蹂躙である。
 これらを「いじめ」と表現するのは、本質から目を逸らすことにならないか。
 この「いじめ」という柔らかな表現でさえ、学校側は認めず、「じゃれあい」「わるふざけ」という言葉に置き換えてごまかそうとしている。
 「いじめ」という言葉からは、「じゃれあい」「わるふざけ」の度がすぎたものという印象がある。
 だから、教師は、「いじめではなく、じゃれあいだと思った」という言い訳で安易に逃げようとする。

 そして、もっと問題なのは、「いじめられる」という言葉には、惨めさが感じられることだ。
 いじめられている生徒が、その悩みを他の人になかなか打ち明けられないのは、この惨めさがあるからだ。
 「いじめられっこ」というと、気弱で消極的な子というイメージしかないが、「いじめっ子」というと、元気で活発なイメージを抱いてしまうではないか。
 いじめ問題が、ややもすると、「いじめられる側にも問題がある」という指摘につながってしまうのも、「いじめ」という言葉にこのようなイメージがあるからだろう。
 
 教師がいじめられている生徒に確認しても、本人は「大丈夫です」と言うに決まっている。
 「いじめられています」と言うことは、自分の弱さや惨めさを確定してしまうことになるからだ。
 今回の大津いじめ事件では、被害生徒が最後に泣きながら担任教師に訴えたらしい。
 これは、被害生徒にとって相当な屈辱を覚悟の上の行動だったに違いない。
 そこまで、追い詰められていたということだ。
 だが、その心情を担任教師が理解することはなく、「君さえ我慢すれば、丸く収まる」といってつっぱねたという。 
 生徒は、このとき、絶望を感じたに違いない。

 いじめられている生徒が親に打ち明けられないのも、同じ。
 とくに、親思いの優しい子ほど、親の前では、悟られないようにふるまってしまう。
 「どうして、わが子が自殺するまで親は気付かなかったのか」ということを批判するひとがいるが、全くの見当違いだ。

 「いじめられている生徒は、誰かに相談せよ」というアドバイスも、被害生徒の心情を理解していない。
 相談できないから、苦しんでいるのだ。
 「ぼく、いじめられて困ってます」などと簡単に教師や親に相談できる子は、もともと強い子であり、このような子はいじめの標的にされることはない。
「誰かに相談せよ」ではアドバイスにならず、余計に被害生徒を苦しめるだけだ。

 被害生徒にとって、「いじめられている」と認定されること自体、屈辱的なことなのだ、ということを気遣うべきではないか。
 「いじめ」ではなく、「集団暴行」「集団リンチ」という言葉に置き換えよう。
 そして、集団リンチは卑劣な行為であり、無条件に悪である、という認識を大前提にしよう。
 
 
 
 
 

 
posted by 平野喜久 at 23:23| 愛知 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく正論ですね
私も、いじめにあったので
ためになりました。
Posted by 凛音というです。 at 2017年05月04日 15:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック