2012年10月23日

連載が投げかけた問い「救世主か衆愚の王か」:週刊朝日連載記事騒動

 「ハシシタ 奴の本性」
 橋下氏の反発をきっかけに、猛烈な世論の批判を浴びて、週刊朝日は、この連載を初回だけで中止した。
 私もようやくこの記事を読むことができた。
 たしかに橋下氏への怨念のようなものを感じる悪意に満ちた記事だった。
 (実は、これだけの騒動になるのだから、もっとグロテスクな文章に満ちているのかと勝手に想像していた)

 週刊朝日がこのような連載を認めた理由がよく分からないが、それよりも不思議なのは、記事の執筆者である佐野眞一氏は、何を目的にこんな記事を書いたのだろうか ということ。
 週刊朝日や朝日新聞社からは、コメントが発せられているが、執筆者本人のコメントは全く聞こえてこない。
 佐野氏は独立のジャーナリストなので、個別にコメントを発しても不思議ではない。
 彼は何を目的にこの連載を始め、今、この騒動をどう考えているのか。
 連載打ち切りで納得しているのか。

 第1回目は、インパクトのある内容をぶち上げて衆目を集めようとしたのかもしれない。
 2回目以降で、本質的なところに切り込んでいくつもりだったのかもしれない。
 次回以降にどんな内容が用意されていたのだろう。
 読んでみたかったという興味がある。

 しかし、執筆者自身のコメントが何も出ないまま連載打ち切りということなので、もしかしたら、連載全編が差別と偏見に満ちた内容で埋め尽くされる予定だったということか。
 佐野眞一氏も、反論する余地もなく、身を隠しているしかないということか。

 この連載記事には「救世主か衆愚の王か」という問いかけがあった。
 今回の記事の手法に問題があったとしても、この問いかけは重要だ。
 これは私たちが橋下氏を見るときに慎重に見極めなければならない点だろう。
 記事騒動をきっかけに、このまっとうな問いかけまで封印されてしまうことがないことを願う。








posted by 平野喜久 at 16:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック