2007年02月26日

通信教育に「週末起業講座」?

 派手な広告で知られる通信教育会社の講座に、なんと、「週末起業講座」が開設されたらしい。
 「週末起業」が通信教育になるとは思わなかった。
 仕掛け人の発想は見事だ。
 新しいタイプの情報商売を確立した。

 「週末起業」をネタにビジネス展開する商売人としての感性と行動力には感服。
 これこそビジネスのコツというものだろう。
 学ぶべきものがあるとすれば、この仕掛け人の発想と行動だ。

 この講座の仕掛け人を賞賛するのは、もちろん、皮肉だ。
 まちがっても、ビジネスのやり方を、通信教育で学べるなどと考えるなと言いたいからだ。

 この通信講座のホームページの表紙には赤字で注意書きがある。

 実際に起業いただく際は、自らの責任においてそれを行なっていただくことになります。期待通りの結果が得られず、万一損害などが生じた場合にも、当社や講師スタッフは、一切の責任を負いかねます

 こんな注意書きがあるような講座も珍しい。
 つまり、簡単に起業できて簡単に儲かるような幻想を抱かせてしまう講座なのだ。

 仕掛け人は、「リスクを抑えて起業できる点」を最大メリットとして売り込んでいる。
 いやはや、まだこんなこと言っている。

 会社勤めだけでは先行きリスクがある。
 会社を辞めて独立起業するのもリスクがある。
 じゃぁ、会社勤めをしながら、起業すればリスクが少なくなるだろう・・・という発想。
 リスク分散すれば、リスクが減るというのは、無邪気な誤解だ。

 リスク分散は、すべてを一度に失うリスクを減らせるというところにメリットがある。
 その代わりに、リスクにさらされる局面を増やしてしまう対策なのである。
posted by 平野喜久 at 22:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック