2017年04月25日

今村大臣の失言:在庫一掃大臣の限界

 今村雅弘復興相が辞任する意向を固めた。
 以前、記者会見での失言で物議をかもしたが、さらに新たな失言があったという。
 所属する自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災の被害に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。
 これが、失言として問題となる。
 このパーティには安倍総理も出席しており、ただちにこの発言を不適切として首相として謝罪をした。
 その日のうちに辞任が決まり、実質、更迭となった。

 今村大臣の発言の真意はよくわかる。
 東日本大震災では多くの犠牲者があり、経済被害も大きかった。
 しかし、東北だからこの程度で済んでいるのであり、これが、首都直下だったり、南海トラフだったら、被害は桁違いになる。
 このことを指摘しようとしたのだ。
 当たり前のことを言っているだけなのに、なぜ、問題になるのか。
 それは、「東北だからよかった」という表現にある。
 東日本大震災で被災した人々にとっては、災害規模の大きい小さいはまったく関係ない。
 ひとりひとりにとって被害はいずれも甚大だ。
 「東北だからよかった」という発言は、被災者の感情を逆なでする。
 「東北だからこの程度で済んだ」でも問題だろう。
 
 この手の話をするときには、言葉のニュアンスには神経質にならなければならない。
 特に、政治家は言葉がすべてだから、余計に慎重になって当たり前だ。
 慎重になりすぎて、話が面白くなくなったとしても、やむを得ないぐらいの覚悟がいる。
 今村大臣には、言葉の感性が鈍すぎた。
 いままで、閣僚経験がないために、公の発言に慣れていなかったか。
 それでも、政治家として言葉に無頓着すぎる。
 いままで、彼の発言が注目されることもなく、何を言っても問題になることがなかった。
 それが、大臣となって急に注目されるようになったことで、ぼろが出始めた。
 できる人間なら、大臣となると同時にスイッチが切り替わるはずが、彼はそのようなスイッチがなかった。
 以前にも失言を指摘されて、反省をしたはずなのに、言葉の無頓着ぶりはそのまま。
 致命的な失言を繰り返した。
 スイッチがないのだから、モードが切り替わりようがなかったのだ。

 在庫一掃の順送り人事で入閣した政治家は、失言を起こしやすい。
 大臣になったことで気持ちが大きくなっている上に、言葉への感性が以前のまま。
 いつもと同じ調子で、あるいは、それ以上に調子づいて受け狙いの発言を繰り返すうち、簡単に失言に至る。
 さらに、失言から名誉挽回しようとして、余計な発言をし、それが新たな失言となる。

 安倍総理も、匙を投げた。
 即日の更迭は、対応の迅速さが際立っている。
posted by 平野喜久 at 22:46| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449338039

この記事へのトラックバック