2017年05月08日

映画「太陽の蓋」:危機のリーダーのあり方

 映画「太陽の蓋」を鑑賞。
 去年の封切時に観たいと思ったが、上映館が少なく、チャンスがなかった。
 ようやくレンタルDVDで鑑賞できた。
 
 この映画は、福島原発事故直後の数日間を、官邸の視点で描いたドキュメンタリータッチのドラマだ。
 時々NHKでやっている原発事故の再現ドラマに近い。
 官邸内部ではどのようなやり取りがあったのかを映像として確認できる。
 いろいろ考えさせる場面が多い。
 その中でもクライマックスの1場面を取り上げる。
 東電が撤退を申し出てきた場面。
 官邸内でも様々な意見が出る。
 「これだけの危機的状況じゃ、やむを得んだろう」
 「民間企業に政府がとどまれと命令できるのか」
 「まさか死ねとは言えんだろう」
 その中で、菅総理だけは逡巡する様子もなく「撤退はあり得ない」と言い切る。
 これで、官邸内の意思が固まった。

 後に、総理は東電本店に乗り込んで撤退はあり得ないことを伝える場面になる。
 総理たちが東電の危機対策室に入ったところで呆然とする。
 対策室の壁面には巨大な多面モニターが掲げられており、原発の現場映像もリアルタイムで映し出されていた。
 東電の危機対策室は現場とつながっていた。
 なのに、官邸には何の情報も伝えられていなかった。
 「いったい東電は何をやっていたのだ」との怒りが込み上げるのが分かる。
 
 菅総理はモニターを背に立ち、東電幹部らに向かって怒りの演説を始める。
 「撤退はあり得ない。死ぬ気でやれ」
 断固たる言葉に会場が凍り付く。
 この場面、菅総理は一度も頭を下げることがない。
 だれかと握手をすることもない。
 演説に先立って、東電職員らの苦労をねぎらう言葉もない。
 実際に、この菅総理の演説を聞いた東電社員の中には、反感を覚え、士気阻喪した者もいたらしい。
 東電社員らも彼らなりに苦労し、一生懸命対処しているつもりでいたのだ。
 それを何も認めないような総理の言動に反感を覚えたのだろう。
 だが、この時の有無を言わさぬ断固たる言葉によって、東電幹部らの覚悟が決まったのは間違いない。

 果たして、この時の菅総理の言動は、危機に臨んだリーダーとして正しかったのかどうかは、ディスカッションのテーマになりそうだ。
 
 
posted by 平野喜久 at 11:10| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449691700

この記事へのトラックバック