2017年02月25日

情けない繊維統計不正操作:経産省

 経産省の奇妙な不正が発覚した。
 繊維製品の在庫量などを調べる「繊維流通統計調査」で長年、実態と異なる数値を記載していたという。
 40超の品目ほぼ全てで改ざんがみられ、10年以上前の数値がそのまま記載され続け、実際の数値と最大で10倍程度の差が生じた例も。
 経産省から業務を請け負う業者の告発があり、不正が発覚した。

 なぜ、こんな不正が行われていたのかというと、統計データが十分集まらなかったため、適当に作ってしまったというのが実態らしい。
 調査は行われていたようだ。
 だが、調査票を配っても有効な回答数が限られ、統計として発表するほどのボリュームにならない。
 そこで、前年の数値をそのまま流用するというような操作が行われた。
 中には、10年以上も同じ数値で推移している項目もあるという。
 前年データの流用を繰り返すうちに、実態とかけ離れた統計データが毎年発表されるという事態に至った。
 あまりにも実態と乖離しすぎたことに担当者も気づいていたらしく、統計数値を毎年修正しながら、実態に近づけていく操作も行われていたという。
 突然、数値が激変すると、その部分が目立ってしまい、理由を問われるからだろう。
 ただただ、問題が表面化しないようにごまかし続けようという痕跡だけが見える。

 このデータ操作の不正が奇妙なのは、動機があまりにも低次元だからだ。
 データ不正は、いままでもいろんなケースが発覚した。
 自動車の燃費偽装、耐震ゴムの性能偽装、医薬品の臨床データ偽装など。
 だが、これらはすべて民間企業による不正であり、その目的は、自社製品の性能を実態よりもよく見せようとする偽装であった。
 ところが、経産省の統計データの偽装には、そのような目的は存在しない。
 統計データを実態よりよりよく見せる必要はまったくないからだ。
 ならば、なぜデータ不正が行われたのか。
 それは、ちゃんとデータ収集できなかったことをごまかすため、だ。
 本来なら、まともなデータ収集ができないことを問題として取り組まなくてはいけないはず。
 調査方法が悪いのか、それとも、繊維業者が減少傾向にあり統計データを収集する規模でなくなっているのか。
 この問題を解決しようとすると、さらに大きな課題を背負い込むことになり、経産省の役人としては、触りたくなかったのかもしれない。
 意味のない統計だったら、廃止すればいいが、それにも正当な理由付けが必要であり、役人としてはエネルギーがいる。
 一番楽なのは、前例踏襲。
 それは、前年のデータを流用し続けて、目先をやり過ごすというやり方だった。
 担当者は、数年ごとに配置転換になる。
 誰も、自分の任期中に面倒なことをしたくない。
 問題があると分かっていても、それを先送りした方が、自分としてはコストが少ない。
 それで、このような奇妙なデータ不正が起き、それが継続する。
 いったい、これにかかわった役人らは、何のために働いているのだろう。
 役人の情けない実態を垣間見るような不正事件であり、脱力することこの上ない。

 経産省は、データ操作にかかわった職員計7人に対する処分を決めた。
 課長級を含む管理職4人は内規で最も重い「訓告」。
 4人のほかに業務を担当していた職員3人が口頭で「厳重注意」を受けた。
 これでも、役人の処分としては、最大級の重い処罰なのだという。



posted by 平野喜久 at 10:42| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

韓国の寺に所有権:韓国地方裁判所

 韓国の大田地方裁判所が不思議な判決を下した。
 長崎県の対馬市の観音寺から、韓国の窃盗団によって盗まれた仏像「観世音菩薩坐像」について、韓国の寺に所有権があることを認め、韓国政府に対して仏像を引き渡すように命じた。

 この仏像は、韓国の窃盗団が2012年に対馬から盗み出し、韓国に持ち込んだ。
 窃盗団は韓国で捕まったものの、この窃盗団が「日本が盗んだものを取り返しただけだ」と言ったことから韓国世論が沸騰。
 窃盗行為を正当化し、窃盗団を英雄視する声が出始めた。
 日本政府の返還要求で、2体のうちの1体は返還された。
 だが、もう1体がそのまま韓国政府預かりになり、日本に返還されないままになっていた。
 そうこうしているうち、韓国の地裁から、日本の観音寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで、日本側への返還を差し止める仮処分が出て、身動きが取れなくなっていた。
 膠着状態の中、韓国の浮石寺が新たに提訴。
 韓国政府に対して、早期引き渡しを要求し、裁判所がそれを認める判決を出したという次第。

 浮石寺の所有権を認める理由は、「仏像は贈与や売買など正常な方法ではなく、盗難や略奪で(対馬市の観音寺に)運ばれたとみるのが妥当だ」とのこと。
 なぜ、盗難や略奪によると判断されるかというと、14世紀の朝鮮半島では倭寇という海賊が略奪行為を繰り返していたから。
 仏像に焼け焦げた跡があるのも、倭寇による略奪の証拠らしい。
 また、仏像に贈与や売買の記録がないことも判断材料となったという。

 まことに不思議な判決だ。
 何かの冗談か。
 韓国の裁判所は、いつもこの程度の判決を下しているのか。
 それとも、日本に関係することになると冷静な判断ができなくなるのか。
 今の窃盗事件を、14世紀の海賊行為に比肩して正当化するとは、まともではない。
 対馬から盗まれた仏像であることは明確である以上、まずは、対馬の観音寺に戻すのが常識的な判断だろう。
 韓国から日本へ仏像が渡った経緯に問題があり、韓国へ戻すべきだと主張するのなら、仏像を対馬に戻したうえで、改めて日韓政府間で交渉するというステップになる。
 だが、韓国で作られたものが日本にあるというだけで、反日感情に火が付き、冷静な議論は吹き飛んでしまう。
 裁判所は、いろいろ根拠を挙げているが、この程度の根拠で、所有権は浮石寺にありと判定する理屈が理解不能だ。
 法と根拠による冷静な判決というより、韓国世論の反発を受けないように、無理やり理屈を作ったという感じだ。
 地裁レベルでは、強力な世論に抗うパワーはなく、上級審へ丸投げして逃げたのだろうか。

 今回の判決は、韓国政府が敗訴した形だが、はたして政府が控訴するかどうか。
 控訴すれば、韓国世論の反発が激しい。
 かといって、このまま放置すると、判決が確定してしまう。
 そうすると、外国から盗んだ仏像を韓国の寺の所有物にするという非常識極まりないことを韓国政府が認めることになる。
 これには国際世論がびっくりだろう。
 韓国政府は、常に、国内世論と国際世論の板挟みにあって苦しんでいるように見える。



 
 
posted by 平野喜久 at 14:47| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

国が禁煙強化案:施設内の全面禁煙へ

 厚労省は、飲食店やホテルなどの施設内を原則禁止にする方針を検討しているという。
 3年後の東京五輪を念頭に置いているらしい。
 禁煙対策はここまで来たかという印象だ。
 街中でタバコが吸える場所はどんどん減っている。
 愛煙家にとっては禁煙ファシズムともいえる一方的な強行に不満も大きいだろう。

 高度成長期の1960年代、日本の成人男性の喫煙率は85%もあった。
 健康な成人男性だったら、タバコを吸っていて当たり前と思われていた時代があったのだ。
 電車の客席には灰皿がついていた。
 窓の開けられない新幹線にはいつも煙が漂っていた。
 バスにもタクシーにも灰皿があったのだ。

 会社の会議室に、灰皿は必須の備品だった。
 会議はタバコを吸いながらするものというのが常識で、長引く会議室は常に煙が充満していた。
 応接室には、大理石の灰皿と煙草盆が用意してあった。
 その煙草盆には上等なシガレットと舶来の葉巻が入っている。
 上客が訪れたときは、応接室に招き入れ、お茶を出す前に、まず、「一服どうぞ」と煙草盆の蓋を取ってタバコをすすめるのがビジネスマナーとされた。
 客がタバコに手を出したときは、すかさず火をつけて差し上げる。
 このために、タバコを吸わない人でもライターを持ち歩く必要があった。
 このライターは、男性のステータスを表すグッズになっていた。
 自分のライターで火をつけた場合は、すぐにポケットにしまうのではなく、そのままテーブルの上に置く。
 その場に居合わせた男性のライターがテーブルの上に並ぶことになり、貧弱なライターを持っているものは肩身の狭い思いをする。

 街中での歩きタバコは当たり前。
 小さい子どもを連れ歩く親は、タバコの火が子どもの顔に当たるのではとひやひやした。
 歩きタバコの場合は、吸い殻は地面に捨て、足で揉み消すのが普通だった。
 路上にはあちこちに吸い殻が落ちていた。
 レストランでの喫煙も当たり前。
 タバコの煙が漂っていたのでは、せっかくの食材の香りや風味は台無しだが、喫煙者にとって食後の喫煙こそ至福の時であり、それを禁じるというのは思いにもよらないことだった。

 こんな状況が、80年代まで続いていたのだ。
 それが、いま施設内も全面禁煙を目指すところまで来た。
 この厚労省の方針に対して、外食産業の業界が反発している。
 これでは廃業に追い込まれる、と。
 たしかに、タバコが吸えることを売りにしている喫茶店もあり、そういうところは差別化が難しくなる。
 だが、施設内の禁煙はどんどん進んでおり、多くのレストランは分煙が当たり前になっている。
 高級レストランでは禁煙が当たり前だ。
 施設内が全面禁煙になったとしても、影響は少なそうだ。
 原則は全面禁煙とし、一部の飲食店舗だけ、認可制で喫煙可にすれば対応可能ではないだろうか。

 中国人の投稿動画で、電車の扉が開いた時に、自分の子どもに電車の中からホームに向かって放尿させている親の姿が話題になったことがある。
 日本では考えられない光景だ。
 オシッコをしたくなったら、必ずトイレを探してそこに行くというのが常識だからだ。
 今後、タバコはオシッコと同じになる。
 オシッコをしたくなったからと言って、所かまわずできるわけではない。
 同じように、タバコを吸いたくなったら、喫煙室を見つけ、そこに行くというのが常識になってくるだろう。





 
 

 


 
posted by 平野喜久 at 11:12| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

日韓併合前夜はこんな雰囲気だったのか:韓国政府が責任放棄

 今回の慰安婦像の設置は、民間団体が勝手にやっていることで、韓国政府が関与しているわけではない。
 しかし、総領事館前の公共の場所に民間団体が勝手な像を設置するという違法行為を放置しているとすれば、それは政府の責任となり、日韓合意違反となる。
 昨年末に総領事館前に慰安婦像が設置されたとき、一旦、行政措置として強制撤去された。
 ところが、市民団体からの猛烈な抗議に行政側が耐え切れず、一転、設置を黙認することになった。
 この市民団体の猛抗議で政治や行政の対応が動いてしまうところが韓国の実情だ。

 韓国政府は、「当該機関で判断すべき問題」として釜山市に責任を丸投げした。
 釜山市もだんまりを決め込んだため、世論の批判は釜山市東区長に集中した。
 釜山市東区長は、「慰安婦像の撤去は課長がかってにやったことで、私は一度も設置を拒否していない」と釈明した。
 東区長の釈明インタビューの場面が報道されているが、市民団体からの猛烈な抗議に怯えきっている様子が見える。
 政府が外交問題として責任ある対応をすることができず、地方行政に責任を丸投げ。
 釜山市長も東区長も責任を受け止めることができず、結果として、名も知らぬ課長の責任を押し付けるというところまで落ちてしまった。
 誰も責任を受け止める覚悟がないまま、重要案件が漂流し続けている。
 日本側の抗議と毅然とした報復措置によって、韓国政府も何らかの対応をせざるを得ないところに追い込まれている。
 大統領代行を務めるファン首相がようやく政府としての公式見解を発した。
「日韓両政府だけでなく、すべての当事者が、合意の精神を尊重して、関係発展のために努力することが必要だ」
 ほとんど効力のあるメッセージ性はないが、これが、韓国政府として意思表示できる限界のようだ。
 韓国外交部は、釜山市東区に慰安婦像を撤去するように働きかけているらしく、それに対して区長は反発をしている。
「いままで、責任を丸投げしておいて、いまになって撤去せよとは納得できない。撤去するなら自分でやってくれ」
 国内世論と日本との板挟みにあって、責任を押し付けあう姿が見える。
 10日には、韓国政府内で、少女像を設置した市民団体と日本政府が話し合って妥協点を模索することを求める声が出始めたという。
 もう韓国政府としては対処不能と投げ出した格好だ。
 日本政府が直接韓国世論に働きかけ、対処してもらうしか方法がないということだ。
 これは、日本政府に韓国の委任統治を願い出ているようなもので、事態は深刻だ。

 歴史を振り返ると、日韓併合前夜はこんな雰囲気だったのかと思わせる。
 日韓併合は、日本が無理やり韓国を植民地化したと思われがちだが、実態は、韓国側の要請と国際世論の後押しで日本が合邦に踏み切ったというのが実態らしい。
 この日韓併合は、当時の国際社会でも東アジアの安定に資すると受け入れられた。
 ちょうど、今と同じ状況だ。
 韓国政府が日本政府に韓国世論への対処を願い出る。
 アメリカが日本に対応を求め、日本政府が韓国の市民団体と協議の場を持つようなことがあれば、あの日韓併合の再来だ。
 日本は同じ轍を踏むことはないだろう。
 だが、韓国政府は同じ間違いに踏み込もうとしてしまっている。
 あの日韓併合は屈辱の歴史ではなかったのか。
 韓国内の市民団体との話し合いを日本政府に求めるなどというのは、屈辱以外の何物でもないはず。
 ここにこそ、韓国世論は猛反発しなければいけないのではないか。
 
 
 
posted by 平野喜久 at 14:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

不正競争防止法違反:コメダ珈琲のそっくり店舗

 「コメダ珈琲」にそっくりの店舗でコーヒー店を経営していたマサキ珈琲店。
 コメダ側が店舗の使用差し止めの仮処分を求めたのに対し、東京地裁は申し立てを認める決定をした。
 マサキ珈琲は、当初、コメダへフランチャイズ加盟を求めたらしいが、それがかなわず、酷似した店舗を建設したようだ。

 マサキ珈琲店の店舗は、外観が一見コメダ珈琲店とそっくりな作りになっている。
 外観だけではなく、内装もそっくりで、更に、メニューの内容までよく似ているという。
 これは、誰が見ても意図的にまねたと判断できるレベルだ。
 消費者の誤認を招く恐れ十分で、不正競争防止法に違反するとして、使用差し止めの決定となった。

 この外観がよく似ていることをもって使用差し止めになるケースは珍しい。
 コメダ店舗が特別に特徴的な外観をしているわけではない。
 外観が意匠登録されているわけでもない。
 レンガ造りの店構えにすれば、外観のイメージはよく似たものになるのは当たり前。
 屋根の形だって、入口の形状だって、バリエーションが無限にあるわけでもなく、結果として似たものになったとしても不思議ではない。
 それに、よく似ているという判断も非常に主観的なもので、線引きが難しい。
 それで、たいていは、外観が似ている程度ではなかなか使用差し止めまではいかなかった。 
 ところが、今回は、フランチャイズ契約がならなかったことで、わざとそっくりな店づくりをしたという判断が加わったことが、最後の一押しになったようだ。
 たまたま似てしまったということではなく、「意図的に店舗イメージをパクった」と判断されたわけだ。

 それにしても、マサキ珈琲店の物まねぶりは常識を超えている。
 フランチャイズ契約を拒否された腹いせに嫌がらせをしているかのようだ。
 何の知恵も工夫もない。
 プライドがあれば、敢えてコメダに対抗できるイメージ戦略で、ビジネスにおいて勝負をかけるところだ。
 コメダ側としても、こんなタチの悪い者に絡まれて余計な労力を費やすことになり、いい迷惑だろう。






 

posted by 平野喜久 at 13:32| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋連盟の対応ミス:三浦九段の不正なし

 プロ棋士の三浦弘行九段が対局中に将棋ソフトを不正使用した疑い。
 日本将棋連盟が設置した第三者調査委員会は
「三浦九段が不正行為に及んでいたと認めるに足る証拠はないと判断した」
 と発表。
 一方、連盟が年内の公式戦への出場停止処分を下したことは「やむを得なかった」とした。

 今回の不正疑惑は、7月下旬からくすぶり始めていた。
 三浦九段が対局中に頻繁に離席し、時にその離席が長時間に及ぶことがあり、その不自然さから不正行為の疑いがもたれ始めた。
 8月には連盟が、不必要な離席を控えるように通達。
 10月には、対局場への電子機器の持ち込みを禁止する措置を決定した。
 ところが、三浦九段が竜王戦の挑戦者に決定したことから、対戦相手の渡辺竜王から連盟に問題提起が出された。
 渡辺竜王の問題提起は、週刊誌に取り上げられるところとなり、その発行を目前に連盟側は三浦九段の出場停止処分を決定。
 同時に、竜王戦の挑戦者を別に差し替えた。
 その後、第三者委員会を設置し、一か月にわたって調査をしたところ、三浦九段の不正を疑わせる根拠がないことが判明した。
 
 第三者委員会の調査によると、主に3点が指摘された。
1、30分に及ぶ離席はなかったこと
2.所有するスマホ等に将棋ソフトが存在しないこと。
3.将棋ソフトの手との一致率もそれほど高くないこと。

 映像解析から、小刻みな離席は確かにあったが、30分にも及ぶ離席はなかったという。
 30分の離席は、対戦相手から訴えられていたものだが、そもそも、疑いのきっかけと思われていた事実から違っていた。
 それに、将棋ソフトの手と不自然なほど一致していることも指摘されていたが、実際にはばらつきがあり、一致率が高いと言っても、他の棋士でもソフトと手が一致するケースはよくあることと判断された。
 特に、終盤になると勝ち筋は一本道になるので、実力のある棋士であれば将棋ソフトの手と一致するのはむしろ当たり前と言える。
 不正を疑う者の中には、人間では考えられない手を打っており、この不自然さはプロでなければわからない、と言っているものもあった。
 だが、これはかなり乱暴な見解だ。
 「実力のある自分が見て不自然な手は不正によるもの」という決めつけは、あまりにも傲慢だ。
 
 ここで問題は、対戦相手の渡辺竜王が三浦九段の不正を決めつけ、連盟に直訴したことではない。
 直訴を受けた連盟側の対応に問題がある。
 きっちりした調査もしないまま、三浦九段の出場停止を決めてしまったことだ。
 なぜ、これほど処分を急いだのか。
 それは、週刊誌報道が目前に迫っていることを知ったからだ。
 竜王戦の開幕後に週刊誌が発行されると、大問題になり、竜王戦の中止に追い込まれるかもしれない。
 それを恐れた連盟が、急いで挑戦者の差し替えを行い、竜王戦の無事な開催を優先させたのだ。
 週刊誌は、騒動が大きくなることを目的として、竜王戦開幕後の記事発表を仕掛ける。
 その記事発表は事前にリークし、騒ぎを大きくしておき、記事への注目度を最大に高めたところで週刊誌の売り上げ拡大を狙う。
 連盟は、その週刊誌の策略に乗せられてしまった格好だ。
 連盟は、自らの保身のために、三浦九段の棋士生命を犠牲にしたことになる。
 
 連盟がこれほど神経質な対応になっている背景には、将棋ソフトの実力がプロ棋士をしのぐほどになってきたことがある。
 人間では思いつかない手を打つと「これはソフトを使って不正を行なった結果だ」との疑惑が同じプロ棋士から上がる。
 これは、プロ棋士事態が、自らのプロ将棋の世界を貶めているように見える。
 いったいプロ棋士とは何か、というところが揺らぎ始めているのだ。
 今回の将棋連盟の杜撰な対応は、連盟自体の信用度を下げたが、同時にプロ将棋の世界のイメージダウンももたらした。
 将棋の公式戦はスポンサーの支えがあって、維持できる。
 スポンサーの支えは、国民世論の動向次第。
 国民の理解の得られないイベントはスポンサー離れを起こす。
 

 第三者委員会は、出場停止処分はやむを得なかったとの判断をつけたしている。
 これは、調査委員会としては言い過ぎだ。
 調査委員会は不正の有無の調査を依頼されているだけで、連盟側の処分の是非まで問われていない。
 
 、
 
posted by 平野喜久 at 12:18| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

ユーキャンのイメージ悪化:事後対応のミス

 産経新聞の報道による。

 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」について、生涯学習・通信講座のユーキャンが公式サイトで見解を出したという。

「協賛という立場である弊社は、審査員の選定やワードに関して意見を申し上げる立場にございません」

 今年の新語流行語大賞のトップテンに「保育園落ちた日本死ね」が入賞したことで、批判が巻き起こった。
 批判の矛先は、選考委員だけではなく、協賛企業のユーキャンにも向けられた。
 ネット上では、「資格試験落ちた。ユーキャン死ね」という言葉が飛び交い、ウィキペディアのユーキャンのページは、一時、「株式会社ユーキャン死ね」に書き換えられた。
 ユーキャンは、このイベントの主催者ではなく、ただのスポンサーに過ぎない。
 お金を払ってイベント名の冠に「ユーキャン」という社名を入れてもらっているだけ。
 選考委員の選定にはかかわっていないし、流行語の選び方に影響を与えているわけでもない。
 だが、イベント名にユーキャンの名前が目立つために批判の標的にされた。
 
 今回の騒動で、ユーキャンは企業イメージを悪化させてしまった。
 ほとんど言いがかりともいえる批判を浴びた結果で、ユーキャンとしてはとんだ災難だったという思いだろう。
 だが、これは、ユーキャンの事後対応に問題があったと言わざるを得ない。

 スポンサーとして協賛しているイベントで問題が起きた場合、協賛企業のイメージ悪化は避けられない。
 そのイベントの注目度が高いからこそ、スポンサーとして企業名を出しているはずで、それだけ影響力のあるイベントであれば、問題が起きたとき、この悪影響も大きなものになるのは当たり前だ。
 企業イメージへの悪影響が出るのは分かり切っていたのに、何も手を打つことなく、事態の鎮静化を待つばかりだった。
 事態が鎮静化するどころか、企業イメージが傷ついたまま終わってしまいそうなのに危機感を覚え、ようやく企業としての見解の公表となったのだろう。
 しかし、このコメントは、企業イメージの回復に役立っていない。

 ユーキャンとしては、「我が社としてはただのスポンサーで、審査員や流行語の選定に関与しているわけではない」と言っている。
 だが、こんなことは、みんなが承知していること。
 誰もユーキャンがこの流行語を選んでいるなんて思っていない。
 「日本死ね」などという言葉を流行語にしようとするイベントそのものへの不信感が、スポンサーへの批判に向かっているだけなのだ。
 イベントの内容に意見を言う権限がなかったとしても、国民の反感を買うようなイベントに協賛しているということ自体が問題視されている。
 視聴者の反感を買うテレビ番組に対しては、スポンサー企業への不買運動が起きたりするのと同じ。
 だから、単にカネを出しているだけのスポンサーなら、なおのこと、迅速な対応が必要だった。

 騒動直後にユーキャンが真っ先に表明すべきは、「今回の流行語については、多くの国民の皆様と同じように違和感を覚える部分がある」ということだった。
 そして、「今後の協賛の継続については、検討の余地があるかもしれない」と含みを持たせておく。
 これだけで、企業イメージの悪化は最小限に抑えられる。
 本当にただのスポンサーなのだから、企業イメージの向上に役立たないとなれば、協賛を中止するという判断は、当たり前の行動だろう。
 むしろ、その行動が多くの国民の共感を得て、企業イメージの向上につながったかもしれない。

 今回の騒動は、今年たまたま起きたわけではない。
 ここ数年の流行語の選定に対して、その基準がおかしいと指摘され続けてきた。
 その蓄積した違和感が、今回の「日本死ね」で一気に爆発したというのが実態だろう。
 国民の感覚と乖離したイベントになってしまったことが問題なのだ。
 しかも、その兆候は以前からあった。
 そして、国民の我慢の限度も、今回の騒動ではっきりした。

 来年のこのイベントはどうなるのかが注目される。
 今回批判に晒された選考委員の一人は、批判する人たちを小ばかにした後、「来年も同じ基準で選考する」と強気な物言いで突っぱねていた。
 選考委員は来年も当然のように選考委員でいると思っている。
 まるで、選考委員の席は終身で保障されているかのようだ。
 本当に来年も同じ選考委員で行うのか。
 同じ顔触れで行うとして、2つの展開が考えられる。
1.批判に屈せず、同じようなサヨク好みの選定が行なわれる。
2.批判回避を優先して、わざとインパクトのない選定が行なわれる。
 どちらにしても、このイベントの信頼度は更に低下することは避けられない。

 このイベントを今後も続けるのなら、主催者が取り組むべきは、選考の仕組みの一新からだろう。


 

 
posted by 平野喜久 at 14:59| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

ユーキャン流行語大賞に存在意義はあるか

 ユーキャン新語流行語大賞をめぐって議論が絶えない。
 年末恒例のイベントになった流行語大賞の発表だが、最近、その設定基準がおかしいとの指摘が上がっている。
 今年は、「神ってる」大賞になった。
 広島カープの快進撃ぶりを驚きとともに讃えた言葉。
 野球ファンにとっては、なじみがあったのかもしれないが、それ以外の人には縁がなかった。
 
「こんな言葉、どこで流行ってたの?」
「周りで誰もこの言葉を使っている人がいないんだけど」
 という声があちこちから。

 多くの人が違和感を覚えたのは、「保育園落ちた。日本死ね」がトップテンに入ったこと。
 「○○死ね」というような呪詛の言葉が流行語に入れられていることに反発が起きているのだ。
 更に、授賞式では、民進党の議員が満面の笑顔で登壇していたことも、人々の違和感を増幅した。
 
 このような違和感は去年も指摘されていた。
 去年のトップには「トリプルスリー」が入っていたが、これも野球関連で、一般の人になじみがなかった。
 更に、トップテンには、「あべ政治を許さない」が入っていた。
 この「あべ政治を許さない」は、野党議員が国会内で採決に抵抗するときにカメラ向けにビラを掲げていたが、そのビラにかかれていた言葉だ。
 ニュースでその映像を見ることがあったが、この言葉が一般に流行していたとはとても言えない。

 最近の流行語大賞は、選考委員の意図的な選考になっている。
 6名の選考委員が公表されているが、とても一般国民を代表しているように見えない。
 さすがに、今年の「日本死ね」には、ネット上では異論が噴出した。
 その異論に対して、選考委員の一人が反論しており、そのことが更に騒ぎを大きくしている。
 
 選考委員の一人は、「議論を呼ぶもの、問題を喚起するものとして選んでいる」と説明した。
 流行語とは、人々の間で流行した言葉だと私たちは思っているが、選考委員は勝手にその基準を変えてしまっている。
 それに、本当に議論を呼ぶものを選考基準にしているのだったら、もっと別のキーワードがいくらでもあった。
 「生前退位」は、その筆頭だろう。
 これなど、日本の国家観まで左右するような本質的な議論がいまだに絶えない。
 だが、この言葉は、ノミネートさえされていない。
 単に選考委員が、個人的に問題視し記録に残したい言葉を、勝手に選んでいるだけというのが実態だろう。

 この選考委員は、こうも述べた。
「難しい専門用語が入っているわけでもない。「ニュースぐらい見ろ」と言いたい」
 選考委員であることが何かの権威であるかのような、この上から目線の横柄な言動は目に余る。
 この思い上がりが、一般国民との意識の乖離をもたらしているのだろう。
 今年の流行語を数人の選考委員の思わくで決定しているこのイベント。
 一般国民の支持は失われつつある。

 本当に、今年流行した言葉は何だったのかは、誰もが知りたい。
 こんな恣意的な選考ではなく、もっと科学的な選考をしてもらいたい。
 「ニュースで最も多く取り上げられた言葉」
 「検索エンジンで最も多く検索された言葉」
 「ツイッターで最も多くつぶやかれた言葉」
 これだったら、特定の意図が介在しない客観的なデータが得られるだろう。
 ここにこそ、本当の世相が現れるのではないだろうか。

 ユーキャン流行語大賞は、過去の受賞記録とともに永遠に残る。
 過去の受賞記録を振り返ることで、その当時の世相を知ることができる。
 だが、今回のような意図的な流行語の選定が行なわれると、世相を間違って記録してしまうことになる。
 例えば、20年後に今の受賞記録を見た人は、「あべ政治を許さない」「日本死ね」という言葉を見たら、当時の国民は政府や国に対して反感と不信感を抱いていたと勘違いするだろう。
 こちらの方が、問題が大きい。
 
 このようなユーキャン新語流行語大賞に存在意義はあるのか。





 
 
 
  
posted by 平野喜久 at 10:02| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

キュレーションサイトの害悪:WELQ

 DeNAが運営するキュレーションサイトWELQが批判に晒されている。
 WELQは、健康医療に関する記事を集めた情報サイト。
 検索エンジンでも常に上位に表示される目立つサイトだった。
 ところが、その記事内容があまりにもお粗末だったため、あちこちから疑問の声が上がり、炎上となった。
 騒動の大きさに驚いた運営者は、サイトを慌てて閉鎖したようだ。

 この手のキュレーションサイトは、人々が関心を持ちそうな情報を手軽に入手できる情報源として利用者が多かった。
 だが、その運営の実態が分かるにつれて、その信憑性はもはや地に落ちた。
 WELQの場合、自由な投稿者の記事によってなりたっている風を装っているが、実際は、クラウドワーカーによる記事の粗製乱造によるものだった。
 1記事につき1万文字以上で報酬数千円というのが1つの相場らしい。
 記事内容の精度は求められず、キーワードを多く含んだボリュームのある記事を量産することだけを求めていたようだ。
 SEOライティングと言って、検索エンジンにヒットしやすい記事の書き方がある。
 そのSEOライティングにあった記事が求められるのだ。

 この手の文章は、不自然で読みにくい。
 キーワードが頻繁に出てくる。
 同じキーワードが頻繁に出てくるサイトは、検索エンジンにかかりやすい。
 だから、指示語を使わず、キーワードをしつこいぐらいに繰り返す文章になる。

 記事の情報量が豊富。
 情報量の多いサイトほど充実していると判断され、検索エンジンでヒットしやすい。
 だから、ただ文字数を稼いでいるだけのような無意味な文章がだらだらとつづられることになる。

 これらの記事ライターは、全くの素人がアルバイト感覚で取り組んでいるらしい。
 だから、実際の知見に基づいた記事でもないし、正確な情報を調べたり検証したりする作業も行なわれていない。
 ネット上で拾い集めた文章をコピペして、一定の分量の記事にひたすら仕上げているだけ。
 内容がいい加減になるのは目に見えている。

 問題は、DeNAという有名な上場企業がこのサイトを運営していること。
 この運営企業の知名度が、このサイトにお墨付きを与えてしまっているのだ。
 これが、匿名による怪しげな個人ブログだったら、誰も注目しないし、問題にもしないだろう。

 DeNAの事業戦略としては、ゲームの売り上げが低下傾向にある中、次の収益の柱の1つとして、このキュレーションサイトの運営事業があったのだそうだ。
 普通なら、情報メディアとしての人気と信頼度を獲得するには、時間がかかるし、地道で継続的な取り組みが必要だ。
 だが、ベンチャーのDeNAにそんな悠長なビジネスモデルはありえない。
 それで、安易な方法で記事を量産することで、一気に存在感のあるメディアを作り上げようという作戦だったのだろう。
 人気メディアを持つことの狙いは、広告収入にある。
 多くのアクセスがあるかどうかが最大の目的になる。
 だから、記事内容の信憑性よりも、SEO対策を徹底させて、アクセスさせることだけを狙った記事の量産になった。

 WELQの記事は、医療情報の内容がでたらめという点で、薬機法(薬事法)違反という問題とともに、他人の文章を勝手に剽窃、改竄しているという点でも問題があった。
 これらは、ネットの抱える問題として古くから指摘され続けてきたことだ。
 ネットベンチャーともいえるDeNAが、ネットの問題を丸抱えしたようなビジネスを行なっていた。
 あまりにも安易であり、レベルが低すぎる。
 こんなことをすれば自らの事業領域を破壊するようなものということが分からないほど、目先の事業展開に行き詰まっていたということか。





posted by 平野喜久 at 10:52| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

マンスリーマンションの入居者に受信料支払い義務なし:東京地裁判決

 マンスリーマンションに入居した20代の男性が、NHKに受信料を不当に支払わされたとして、NHKに受信料1310円の返還を求めた訴訟。
 東京地裁の判決は、「部屋にテレビを設置したのは物件のオーナーか運営会社であり、男性には受信料の支払い義務はなかった」として、NHKに1310円の支払いを命じた。

NHK側の主張はこうだ。
 「マンションの運営業者は『受信料は入居者が負担する』と明示していたほか、テレビを使っていたのは男性で、受信契約を結ぶ義務があった」
 この主張は明らかにおかしい。
 放送法では、受信機を設置したものに受信契約の義務を課しており、設置者がこの男性でない以上、契約の義務はなく、したがって支払いの義務も発生しないのは当然だ。
 NHKが「テレビを使っていたのは男性だ」と言っているが、これは、NHKが言ってはいけない言葉だろう。
 つまり、テレビを使ったかどうかで、受信料の支払いが発生するかどうかが決まると言ってしまっているからだ。
 放送法では、テレビを視聴したかどうかで受信料の支払い義務が発生するわけではない。
 テレビを見るか見ないかは関係なく、テレビを設置したことをもって契約の義務ありということになる。
 テレビの所有者に公平に負担してもらうためにこういう制度になっている。
 視聴料ではなく、受信料という名目になっているのも、このためだ。
 NHKも普段からこのように主張しており、「NHKは見ないから」という言い逃れは許さなかった。
 なのに、今回の裁判では、NHKは、この男性がテレビを使っていたことをもって、支払い義務ありという主張をしてしまっている。
 自家撞着をきたしている。
 裁判に勝つために、弁護士が無理やり理屈を作り上げたために、齟齬をきたしており、そこを裁判官に突かれた形となった。
 特に、「テレビを使っていた」という奇妙な表現で、ずいぶん、無理をしているのが分かる。
 普通なら「テレビを見ていた」というべきところだが、それだと、テレビの視聴が支払い義務の条件になってしまうので、「テレビを使っていた」という不自然なことばで逃げようとしたのだろう。
 テレビを見なかったとしても、居住スペースにテレビがあるだけで「使っていた」という解釈にもっていこうとしている。
 我が家にガスコンロがあるだけで、ガスを使っていたことにされるようなものだ。
 これほど、一般国民の常識とかけ離れた解釈はない。
 NHKの受信制度は、あまりにも現代の私たちの感覚とかけ離れすぎている。
 こんな無理筋の主張をしなければ受信制度を維持できないのだとしたら、この受信制度そのものが現代にそぐわなくなっているということだろう。
 いい加減に、根本から制度を見直すべきときが来たといえる。






 
 
posted by 平野喜久 at 18:39| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

ワンセグ携帯電話に受信料支払い義務なし:さいたま地裁判決

 NHKの受信契約について、画期的な判決が出た。
 ワンセグ機能付きの携帯電話を所有しているだけで、NHKの受信料を払う義務があるのかを争った裁判。
 さいたま地裁は、携帯電話の所持は、「受信設備の設置」というには相当の無理があるとして、NHK側の主張を退けた。
 NHKが全面敗訴したという意味で画期的な判決だが、よく考えてみれば、至極常識的な判決だった。
 むしろ、携帯電話を所持しているだけで受信料を徴収しようとするNHKの論理こそ異常だった。
 携帯電話にも受信契約の義務があるというのは、法律に規定されているものではなく、NHKが勝手な法解釈で主張していたに過ぎない。
 そのことに多くの国民は疑問を感じていた。
 NHKの集金人は当たり前の顔をして、「携帯持ってるなら契約義務がある」と言うし、NHKサービスセンターに確認しても同じことを言う。
 だが、携帯電話を持つだけでNHKに受信料の支払い義務が発生するという理屈は、一般の国民の常識を超えている。
 ワンセグという電波のすき間を利用して余剰的に発信している放送と、ハイビジョン大画面で観るフルセグ放送とが同等の受信契約というところから納得感がない。
 画質や音質は全く違うし、ワンセグの場合は受信できないエリアが多い。
 受信料を徴収する以上、難視聴地域については、NHKが対策を施す義務を負うが、ワンセグについては、NHKは何も対策を行なっていないし、行うつもりもない。
 これで通常の受信料を徴収しようとするのは、誰が考えても明らかにおかしい。
 個人がNHKの主張に納得できないからといって、集金人に反論しても埒が明かない。
 サービスセンターに連絡して担当者と議論しても問題は解決しない。
 集金人やサービスセンター担当者は組織の一員であり、ただNHKの主張を繰り返すだけで、何の権限もないからだ。
 そこで、埼玉県朝霞市の市議会議員、大橋昌信氏が、問題提起を兼ねて裁判に訴えたのだ。
 NHKの非常識な屁理屈が粉砕されたのはよかった。

 判決では、携帯電話は、受信設備の「設置」ではなく、「携帯」である以上、契約義務はない、と解釈した。
 法律の条文解釈に限定している。
 一般常識や国民感情などはあえて考慮から外しているところに注目だ。
 というのは、NHKこそ、一般常識や国民感情を無視して、放送法の条文だけを盾に受信契約を強要してきたからだ。
 今回は、その放送法の条文をもってNHKの主張を退けたところが画期的であった。
 NHKは当然、最高裁まで上訴し続けるだろう。
 しかし、今回の判決はシンプルで隙がなく、覆ることはなさそうだ。
 NHKがどうしても携帯電話にも契約義務を課したいなら、放送法の改定しかない。
 そうなると、NHKの受信契約のあり方が改めて国民の前で議論されることになる。

 もともと、携帯電話は受信契約の対象ではなかった。
 ところが、テレビを所持していないことを理由に受信契約を拒否する世帯が増えてきたために、「だったら、携帯電話があるだろう」となった。
 いつのまにか、携帯電話も受信料の対象となっていた。
  
 NHKはなぜ、一般国民の常識に寄り添おうとしないのだろう。
 NHKは何を守ろうとしているのだろう。
 NHKは何を恐れているのだろう。

 NHKの完全スクランブル化による受信契約の透明化。
 これこそ、最も納得感の高い仕組みであり、NHKが国民に支持される道ではないのか。  

posted by 平野喜久 at 16:36| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

集中豪雨による鉄道全面運休:名古屋

 8月2日の夜は名古屋駅周辺が大変な混乱状態にあった。
 名古屋〜岐阜間の集中豪雨により鉄道が運休したためだ。
 集中豪雨に伴い雷も発生しており、停電の恐れありということで、豊橋から大垣までの広い範囲で全面運休となった。
 JRだけでなく、名鉄まで運休したので、行き場を失った客がたちまち駅にあふれかえることとなった。
 この運休は簡単には解消しなかった。
 4時間ほどたってようやく運行再開となったが、直後にどこかの駅でホームから人が転落する事故が起き、再び運行中止となった。
 最終的には、340分遅れで電車が動き始め、この混乱は、日付が変わった後まで続いたという。

 この時の混乱の様子は、ツイッターに投稿された写真を見るとよくわかる。
 金山駅では、改札に入れない人であふれている。
 名鉄も止まっているので、金山駅のあの広いコンコースは、全面、人で埋め尽くされている。
 名古屋駅の改札内の様子を写した画像もある。
 ホームに上がる階段通路はヒトで埋め尽くされ、身動きできない状態。
 電車がなかなか動かない苛立ちと、人いきれの熱気で、この群衆の不快指数はピークを迎えていただろう。
 ひとりこければ、たちまち群衆雪崩が起きそうな危険な状態にあったことが分かる。
 危機管理の観点で言えば、このような不快指数の高い群衆の中に身を置いてはいけないというのが鉄則だ。
 鉄道会社の「再開の見込みは立っていません」というアナウンスを確認したら、ただちに別の行動を開始すべきだ。
 タクシーによる帰宅を考えるか、その日の帰宅は断念し、ホテルの宿泊を考えるか、だろう。
 タクシーは簡単に出払ってしまうし、周辺ホテルはすぐに満室になる。
 いち早い判断と行動がわが身を助けることになる。

 今回のできごとから、鉄道の全面運休が起きると、1時間もしないうちに駅はヒトであふれかえり、危険な状況が発生するということが分かる。
 このことは、地震の時の教訓になる。
 地震により公共交通機関が停止すれば、たちまち行き場を失った人たちで駅周辺はあふれかえる。
 この群衆の過密と混乱を放置していると、2次災害を招く恐れがある。
 いま、都市部の自治体が、地震発生時の帰宅困難者対策を真剣に行なうようになったのは、このためだ。
 駅周辺の事業者に協力を要請し、万が一の時の帰宅困難者の一時受け入れをお願いしている。
 駅周辺の事業者も、普段、駅周辺という至便の立地で事業を行なえている恩恵に報いるためにも、いざという時の社会貢献が期待されている。
 事業者によっては、食料の備蓄を増やし、寝袋や毛布の用意をして、いざという時の帰宅困難者の受け入れの準備をしているところが増えてきた。
posted by 平野喜久 at 10:33| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

1人1票ではない選挙制度

 ただいま参議院選挙期間中。
 ここで、選挙制度について考えてみる。
 日本の選挙は、1人1票が原則となっている。
 私たちは、これが当たり前と思っているが、果たして1人1票が民主主義の唯一の基本原則なのだろうか。
 昔のように、納税額や性別で選挙権が制限されていた時代に比べれば、現在の1人1票の選挙制度は、格段に進歩したといえるが、これは、民主主義の到達地点ではない。
 より民意を正確に結果に反映させるにはどういう制度がいいのか。
 1人1票ではない選挙制度を考えてみよう。

1.定数と同じ人数を選べるようにする
 例えば、今回の参院選、東京選挙区では、定数6に対して31人が立候補している。
 この場合は、有権者は、31人の中から6人を選んで投票できるようにする。
 これで、当選者6人の構成バランスのあるべき姿を有権者が決められるようになる。
 31人の中から、たった1人を選ぶのは非常に難しい。
 一人ひとりの政見を比較検討して選ぶよりも、見た目の印象とか知名度で1人決めてしまえば、それ以上有権者が考える余地はなくなってしまう。
 ところが、定数と同じ人数を選べるとなると話は違う。
 6人の構成バランスを考えなくてはならなくなる。
 6人全員を保守系の候補者で選ぶ人がいるかもしれない。
 中には、2人を与党、2人を野党、2人を無所属で、バランスよく選ぶ人もいるかもしれない。
 その組み合わせは自由だ。

2.各候補者の評点投票にする
 有権者が候補者の中から1人を選ぶのではなく、すべての候補者に評点をつけて投票する制度。
 例えば、A候補は、政策も人柄も共感できる人物ということであれば、評点5を投票する。
 B候補は、人柄は好感が持てるが、政策が望ましくないと判断すれば、評点3を投票。
 C候補は、共感できるところが何もなく、政治家になってほしくないと判断すれば、評点マイナス5となる。
 その人物をよく知らないので、評価できない場合は、空欄で投票する。
 マークシート方式であれば、投票も集計も簡単だ。
 こうなると、有権者はすべての候補者を真剣に検討しなければならなくなるし、立候補者も、単に名前を連呼しているだけでは当選できなくなる。
 また、従来なら知名度が高ければそれだけで当選確実であったが、この方式では、有権者からマイナス評価が高いと当選圏内を外れてしまう。
 知名度の高い人ほど、強烈なファン層がある一方、極端に毛嫌いする人も多い。
 だから、知名度やパフォーマンスだけで当選しようという戦略は使えなくなる。
 アメリカの大統領選が、この方式で行われていたとすると、ヒラリー氏もトランプ氏も最終候補に残っていないだろう。

 ほかにも様々な選挙制度が考えられる。
 それらは、次回以降に。





 
 
posted by 平野喜久 at 10:55| 愛知 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

東電の「炉心溶融」隠蔽

 産経新聞の報道による。
 福島原発事故で、炉心溶融の公表が遅れた問題。
 21日に東電社長広瀬氏が記者会見を開き、隠蔽を認め謝罪した。

 16日に東電の第三者検証委員会が報告書を公表。
 その中に、当時の清水社長から「溶融という言葉を使うな」という指示があったこと分かった。
 それを受けて、今回の広瀬社長の謝罪会見となった。
 広瀬社長と原発担当の姉川常務の減給処分も公表した。

 5年もたって、ようやく隠蔽を認めた。
 深刻な事故であればあるほど、その危険性をいち早く住民に伝える必要があるにもかかわらず、それを隠し続けた罪は重い。
 炉心溶融に気づかずに公表が遅れたのではなく、その事実をつかんでいながら隠蔽していたことが問題だ。
 当時としては、「とにかく騒ぎが大きくならないように」ということが優先され、「情報は過少に、被害は軽微に」が情報公開の基本理念となっていた。
 政府、東電、保安院など、様々な組織がかかわっていたが、いずれも全責任を負う覚悟の者がいないために、事故の本質的な対応ではなく、表面的な騒ぎの鎮静化に焦点が当たってしまった結果だ。
 炉心溶融の公表が遅れたために、放射性物質の拡散の情報も公開されず、そのために、住民の適切な避難指示も出ないまま。
 このために、不必要な放射線被爆のリスクにさらされ続けることになった。
 事故の初動対応としては、まことにお粗末であった。
 福島原発事故については、様々なステップで対応の誤りが指摘されており、私たちが学ぶべき教訓がそこかしこに存在している。
 誰が悪かったという犯人捜しを目的にするのではなく、今後の教訓を得るための検証を徹底して行なってもらいたい。

 さて、この件で気になる問題がもう1つある。
 第三者委員会による検証報告書の中に、気になる記述があった。
 清水社長の隠蔽指示は「官邸側から要請を受けたと推認される」と指摘されている。
 第三者委員会としては、当時の官邸側に裏付け取材はしていないために、推認という表現にとどめているが、少なくとも、東電としては官邸に指示されたという認識であることは間違いない。
 当時の首相だった菅直人氏、当時の官房長官だった枝野幸雄氏は、直ちに反論。
 そのような事実はなかったとして、「党の信用を毀損する」と、法的措置も辞さない構えを見せた。
 参院選直前にこんな話が出てはダメージが大きすぎることから、過剰に反発した印象だ。
 これまで、各種の検証委員会による当事者へのインタビューが行われているが、菅氏の姿勢はひたすら「自分は悪くない」に終始しているように見える。
 原発事故という未曽有の大事故について、きっちり検証をして、後世への戒めを残さなければいけない立場にある。
 その時の当事者でなければ分からないことはたくさんあり、だからこそ自らの行いを謙虚に振り返り、そこから得られる教訓を示すべきだろう。
 にもかかわらず、その使命を放棄し、ひたすら自分の名誉を守ることだけに専念している。
 後世に伝えるべき貴重な経験があいまいなまま風化してしまいそうなのが心配だ。
 




 
posted by 平野喜久 at 13:29| 愛知 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

HOYA熊本工場閉鎖へ

 HOYAは2016年6月20日、同年4月の熊本地震で被災していた熊本工場(熊本県菊池郡大津町)を閉鎖すると発表。
 工場の復帰に向けて検討を進めてきたが、クリーンルームや精密機器などの設備が莫大な被害を受け、生産再開を断念。
 今後、液晶パネル用フォトマスクの生産は、台湾と韓国へと移管する。

 HOYAは、熊本地震の発生を受けて、4月14日の地震を受けて、15日から工場の操業を停止していた。
 16日の本震で工場内に原因不明の火災が発生。
 設備、装置等の被害が大きく、簡単には復旧できないだろうとみられていた。
 当面は、台湾、韓国、八王子での振替製造に切り替えて急場をしのぐこととなった。
 熊本はその後も断続的な余震で復旧活動がままならず、その被害の大きさから、最終的に再開を断念したものと思われる。

 地震発生後2か月での工場閉鎖の決断は、迅速な意思決定だった。
 熊本工場を再開させるには、あまりにもコスト負担が大きすぎると判断されたのだろう。
 もともと、生産拠点を海外にも分散させており、ある拠点がやられた場合は、ただちにほかの拠点に主力を移行するという基本戦略ができていたのかもしれない。
 これは、工場閉鎖に追い込まれたとみるより、戦略的な撤退とみるのが妥当だ。
 大企業は、1つの拠点がやられても、ほかにスイッチングすることで直ちに立ち上がることができる。

 だが、有名企業の工場閉鎖は、地域経済にとって、これから復旧復興に向けて力強く立ち上がろうとするときに、ムードを冷え込ませかねない。
 
posted by 平野喜久 at 17:08| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

都議会の集中審議:攻め手の力不足がひどい

 都議会で、舛添知事の政治資金問題について集中審議が始まった。
 各会派の議員から一問一答形式の厳しい追及が行われるということで、注目された。
 ところが、期待に反して、大した成果が出ずに終わったようだ。

 理由は、攻め手の力不足に尽きる。
 質問者の議員は、非常に辛辣な言葉で追及し続けていたが、用意してきた文章を読み上げているだけ。
 その文章の読み上げすら、緊張からか読み間違いや読み飛ばしを繰り返す始末だ。
 知事の答弁の弱点を突いて、さらに畳みかけるような質問をするわけでもなく、用意してきた質問を一通り読み上げて終わったという印象が強い。
 事前準備を怠らないのは結構なことだが、本当に追及するのであれば、相手の目と表情を見ながら、その時の言葉の勢いでぶつからなくてはならないはず。
 中には、質問をするのではなく、知事たるものはどうあるべきかという説教臭い持論を展開する質問者があり、とても追及になっていない。
 答弁者に語らせなければいけないのに、質問者が語ってしまっている。
 身構えて臨んだ舛添氏としては拍子抜けだったのではないか。
 たぶん、都議会議員らは、追及型の質問に慣れていないのだろう。
 通常の議会でも、準備してきた質問を読み上げ、用意された答弁をいただいて終わり、ということをやってきて、それが習慣になっているのかもしれない。

 ただ、自民党の鈴木議員の質問の中に、きらりと光る部分があった。
 それは、一連の政治資金疑惑に終始するのではなく、不自然な都市外交と、遊休地の韓国学校への貸与の問題を取り上げたことだ。
 国の外交を飛び越えて勝手に韓国の朴大統領に会いに行ったり、地元民の意向を無視して韓国学校の誘致を進めたりと、都政をないがしろにする政治姿勢を問いただした。
 そもそも、都民の舛添都知事への不信感の始まりはここにあった。
 資金問題は騒ぎを大きくするきっかけに過ぎない。
 鈴木議員は、舛添都知事への都民の不信感は、基本的な政治姿勢にあることを把握していたのだろう。
 今回の審議で、舛添氏から「遊休地の利用については、地元民の意向を無視して進めることはない」と言質を取ることに成功した。
 この部分は、近隣諸国に関連する話なので、マスコミは黙殺している。



posted by 平野喜久 at 09:36| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

舛添氏への不信感は政治資金が発端ではない

 舛添都知事の問題がまだ継続している。
 都議会が始まったが、審議内容のほとんどは知事の政治資金の問題ばかり。
 都政の停滞は著しい。
 連日のように厳しい口調で追及され、罵声を浴びながらもなお現在の地位にしがみつく姿は、私たちの理解を超えている。
 辞任すれば簡単に楽になるのに、なぜこれほど頑張るのか。
 私利私欲で少しでも報酬がほしいからか。
 辞めたくても辞められない裏の圧力があるのか。
 よくわからない。

 さて、今回の舛添氏の政治資金騒動は、おカネの話が発端ではない。
 おカネの話は、騒動に火が付くきっかけに過ぎず、本質は、舛添氏の政治姿勢への不信感にあった。
 最初の不信感は、彼の外遊の多さだ。
 都市外交という言葉で表現される政治活動だが、これが不信感の始まりだった。
 都政の取り組みより、外へ出て行って外国の要人と会っている方が、華々しい活躍ができているようで、本人も楽しいのだろう。
 語学が堪能な彼は、外国の要人と会っている時の方が、生き生きとしているように見える。
 だが、都民の不信感はぬぐえない。
 外交は知事の主要任務ではない。
 「もっと他にやることがあるだろう」というのが不信感の始まりだった。
 そこで指摘されたのが、外遊にかかる経費の多さだった。
 1回の外遊に数千万円もの経費が掛かる。
 随行者を大勢従え、自分自身は、飛行機はファーストクラス、ホテルは高額なスイートルームに泊まる。
 このことが、「贅沢すぎる」と指摘されたのだ。

 舛添氏への不信感は、これだけではなかった。
 新宿区にある旧都立市ヶ谷商業の跡地を韓国政府に有償で貸し出すことを決めた。
 この時は、国会でも待機児童の問題が大きく取り上げられている時期でもあり、「まずは保育所を作るべきでは」との声が上がった。
 舛添氏は、安倍総理が訪韓できない中で、いち早くソウルに出向き、朴大統領と面会を果たした。
 その成果が遊休土地の韓国政府への貸出し措置だったというわけだ。
 「舛添氏は、どちらに向いて仕事をしているのか」との不信感はさらに高まった。
 
 その他、オリンピック関連では、競技場の問題、エンブレムの問題など、一連の問題では、「私の責任ではない」「都の担当ではない」という姿勢を取り続け、目の前の問題を傍観するばかりだった。
 オリンピックの主催都市として、主体的に取り組む姿勢は皆無だった。
 エンブレム問題が炎上し、このまま収まる気配がない中、早々と関連グッズの製作発注を許可してしまい、それがのちに全部無駄になる。
 「オリンピック委員会に、問題ないので進めてくれと言われたから」と逃げの姿勢に終始した。
 オリンピック委員会は、既成事実をどんどん積み上げて、このまま突き進むつもりだった。
 スポンサー企業からもエンブレムに関する問い合わせが殺到したが、すべて「問題ないので進めて結構」と答えている。
 ところが、さすがにエンブレム騒動の大きさを見て、多くのスポンサーは対応を保留していた。
 その中にあって、東京都だけが先走って問題のエンブレムを印刷した関連グッズを作り始めていた。
 オリンピック委員会にいいように使われただけだった。
 この段階で、彼は目の前の問題を主体的に解決していこうという意思も能力もないのがはっきりしてきた。

 その一方で、韓国の平昌五輪への協力を表明し、東京五輪への協力を要請したりしている。
 都の問題には主体的に取り組めない舛添氏は、外交面で積極的に動く。
 彼が本当にやりたいことは、都政ではないのだろう。
 都知事の立場を利用して、自分のやりたいことを勝手にやっているという印象が強い。

 一連の彼への不信感は、揮発性ガスとして充満し続けた。
 そこに、政治資金問題が発火点として登場し、一気に燃え上がったということになる。
 だから、今回の騒動は、政治資金問題はトリガーではあるが、問題の本質ではない。
 いくら、政治資金の問題を説明しつくしたとしても、彼への不信感は消えることはない。
 政治資金問題の案件は、1つ1つは数万円程度の小さい話ばかりだ。
 都民は、こんな小さい話を問題にしているわけではない。
 「彼が都知事としての役割を果たしていない」ということへのダメ出しなのだ。



 
 
posted by 平野喜久 at 10:22| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

その手があったか舛添都知事

 舛添都知事の政治資金不正疑惑。
 20日の記者会見が物議をかもしている。
 
 毎週末、外遊時の高額なホテル代の是非、別荘の湯河原に公用車で通っている公私混同から始まった報道。
 はじめのうちは、舛添氏も強気に突っぱねていたが、スキャンダルネタは、政治資金の不正流用の領域に広がっていった。
 週刊文春は、舛添氏が突っぱねるたびに、第2、第3の告発記事を放ち、さらに追い込みをかける。
 そして、20日の記者会見となった。

 最悪でも、提示された疑惑の1つ1つについて釈明をし、直ちに法に抵触しないことをもって、グレーゾーンの中に逃げようとするだろうと思った。
 しかし、1つ1つの釈明を試みるには、不正疑惑が多岐にわたり、膨大な内容になる。
 いくつかの案件はうまく逃げ切れたとしても、すべての疑惑を一気に解消することは不可能。
 すると、細かい言い訳はせずに、きっぱり辞任を表明して幕引きを図るしか、方法はないと思っていた。
 ところが、記者会見の内容は、予想を超えるものだった。
 記者会見では、一切の説明をせず、すべては弁護士などの第三者の厳しい公正な目による調査にゆだねる、ということで押し通した。
 何を質問されても、同じ答弁を繰り返した。
 記者らが根負けして、質問を諦めるまで、延々と2時間半の間、同じフレーズを繰り返した。
 結局、疑惑に対しては一切、答えることなく会見を終了した。

 舛添氏の精神力には驚嘆する。
 こんな答弁を繰り返せば、都民にどんな印象を与えてしまうかは分かっているはず。
 目の前の記者らは、いらだち、脱力し、ため息を漏らす。
 その姿を目の前にしながら、表情を変えずに淡々と同じフレーズで押し通すことができることが驚きだ。

 誰かの入れ知恵か、自分の判断かは分からないが、この会見は、個別の案件にいちいち釈明するよりも、すべてをひとくくりにして答弁拒否にもっていった方が得策という考えだったのだろう。
 答弁拒否の言い訳として、第三者にゆだねるという方法だった。
 今回の不正疑惑を逃れる方法として、この手があったか、という印象だ。

 「公正で厳しい第三者の目で」ということをしきりに強調していた。
 ここに舛添氏の本音が見える。
 マスコミのスキャンダラスな報道では、公正さが保てないと思っているのだ。
 冷静に法律と照らし合わせれば、明らかに違法と確定するものはそれほど多くないはず。
 厳密な判定をすればするほど、明確な違法判断は出にくくなる。
 弁護士による調査が、「直ちに違法というわけではありません」という案件ばかりになれば、世間が騒ぐほど悪いところはありませんでした、となる。
 そこを狙っているのだろう。

 実際、いま明らかになっている疑惑は、いずれも、明らかに法に抵触するような案件はほとんどないという。
 解釈の仕方でどうとでも判断できてしまうものばかりらしい。
 そのことを舛添氏も承知しているのだろう。
 弁護士の手を借りて、グレーゾーンに逃げ込もうという策略だ。

 ある市民団体が、舛添氏の政治資金規正法違反の疑いで東京地検に告訴状を送った。
 舛添氏にとって、裁判になるのはむしろ好都合だ。
 「裁判にかかわることなので、法廷外での説明は控えさせていただく」「すべては弁護士を通して」という戦術が取れるからだ。
 この市民団体は、舛添氏に逃げ場を与えてしまっていることになる。
 今回のスキャンダルを法律の問題に限定できれば、舛添氏の勝ちだ。





posted by 平野喜久 at 10:29| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

五輪ムードはしらけきっている

 東京オリンピックについて、また不透明な実態が発覚した。
 オリンピック招致で裏金が支払われていたのではないかというもの。

 招致委員会からシンガポールの会社に対し、約2億2200万円に上る送金があったことが分かり、これが裏金だったのではないかと疑われている。
 竹田会長は「業務に対するコンサルタント料で問題があるとは思っていない」「国際陸上連盟前会長と関係のある会社とは知らなかった」「招致コンサルの実績ある会社として電通の紹介を受けた」と正当性を主張した。
 たぶん、竹田会長は、何もわかっておらず、アドバイスされるままに金を払わされただけという印象が強い。
 日本は金払いがいいために、世界中のハゲタカの餌食にされたという感じだ。

 報酬は2013年7月と10月に支払われている。
 7月の支払いは、国際ロビー活動や情報収集業務として、同年10月の支払いは勝因分析業務として支払われたらしい。
 9月に開催地決定があったので、普通に考えれば、7月の支払いは手付金で、10月の支払いは成功報酬となる。

 オリンピック招致活動とはこういうものというのが実態なのだろう。
 ただ、国民には、あのさわやかなプレゼンシーンばかりが印象に強く、プレゼンのうまさで招致を勝ち取ったかの印象だが、裏ではもっとドロドロした世界があったのに違いない。
 裏のドロドロが見えてきてしまっていることが、今回の五輪ムードをしらけさせている。
 
 競技会場の件もそうだ。
 いろんな業者が関わればかかわるほど、建設予算はどんどん膨れ上がった。
 エンブレムの件もそうだ。
 広告会社の出向者がお膳立てをして、特定のデザイナーの作品を採用させ、利権をむさぼろうとした。
 そして、今回の裏金疑惑だ。

 この問題の深刻なのは、フランスの検察当局の捜査で発覚し、シンガポールの汚職捜査局も動き始めたという点だ。
 競技会場やエンブレムの場合は、すべて国内の問題であり、うやむやにやり過ごしている間に、国民の関心が薄れてしまった。
 問題の原因は何か、責任者は誰かなど、何もわからないまま放置されている。
 だが、今回は、国際的な問題に発展しており、ことはうやむやでは済まない。
 今回は、竹田会長の当事者能力を超えているようだ。
 「そんなことは、知らなかった」「正当な業務契約だった」と答えるのが精いっぱい。
 日本側にこの問題に責任をもって対処できる人がおらず、漂流し続ける。
 フランス当局の捜査に翻弄されることになるだろう。

 東京五輪については、今後もいたるところで問題が発覚するだろう。
 そのたびに、国民のムードは冷めていく。



 
 
posted by 平野喜久 at 11:57| 愛知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

村井氏の地震予測は失敗した

 GPS地震予測を売り込んでいる村井氏。
 今回の熊本地震は予測できていたのか。
 結論は、ノーだ。
 熊本地震直前の4月13日発行のメルマガには、次の地域に地震の可能性ありとして情報発信されていたようだ。

--------------------------------------------------- 
レベル4(震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い)
・南関東地方(相模湾、駿河湾・東京湾に面する地域、伊豆諸島、小笠原諸島)

レベル3(震度5以上の地震が発生する可能性が高い)
・北信越地方、岐阜県
・南海、東南海地方
・東北、関東の太平洋岸
・奥羽山脈周辺
・釧路、根室、えりも周辺

レベル2(震度5以上の地震が発生する可能性がある)
・鳥取県、島根県周辺
・南西諸島

レベル1・何らかの異常変動があり今後の推移を監視する
・山形、福島、茨城のL字型エリア
・北海道道南、青森県
---------------------------------------------------

 レベル4とかレベル3とかいうのは、村井氏が勝手にランク分けした可能性の高さを表しているようだ。
 本来なら、レベル4のところに熊本の表示がなければならないはずだが、それがない。
 それどころか、すべてのレベルに熊本の文字はかけらも存在しない。
 村井氏は、今回の熊本地震はまったく予測できていなかったことになる。
 それよりも、この事前に予測されていた地震発生の可能性ありとして指摘された地域の広さに驚かされる。
 日本列島の北海道から沖縄までほぼ全域をカバーしているのではないかと思えるような広範囲に地震の可能性を指摘している。
 的中率75%とか80%とかいうのは、こういう仕掛けだったのだ。
 これほど広範囲を予測範囲にして指定ながら、熊本を外すとは、大外れもいいところだ。
 こんな予測だったら、むしろ外す方が難しいぐらいだ。
 村井氏は、自分の運の悪さを悔しがったことだろう。 

 村井氏は、ツイッターで次のようにつぶやいているらしい。
--------------------------------------------
地震予測は難しいですね。
数か月前からメルマガで鹿児島・熊本・宮崎周辺に「3月末頃まで」ということで要注意を呼びかけていました。
4月になったので4月13日に取り下げたところ昨日熊本で震度7の大きな地震が起きました。
反省してます。
--------------------------------------------
 なんという呑気なコメントだろう。
 1月時点で、雑誌で「鹿児島、熊本、宮崎周辺」を予測していたことをもって、実は、今回の地震は予測していたが、発生時期が少しずれてしまっただけ、と言いたいようだ。
 人の命を救いたいとの思いで、勇気を出して地震予測を出し続けていたのではなかったのか。
 彼の地震予測は、まったく役に立たなかった。
 むしろ、熊本を地震予測から外したことで、間違った情報を提供したことになり、そのことで被害拡大を招いたケースがあったかもしれないではないか。
 そのことに対する深刻さが全く感じられない。
 それとも、自分の情報はどうせ誰も真剣に受け止めていないから大丈夫、とでも思っているのか。

 今回の熊本地震は、複数の地震が連鎖して起きたのが特徴だ。
 地震の地域は、熊本、阿蘇、大分にわたる。
 本当に地震を正確に予測するとしたら、予測地域は「鹿児島、熊本、宮崎」ではなく、「熊本、阿蘇、大分」になっていなければいけないはず。
 それなのに、ただ「熊本」という地名が入っていたから「当たり」としている。
 彼が、地震予測を防災に役立てようという気はなく、単に予測の当たりはずれにしか関心がないのがよくわかる。

 本来なら、自分の予測方法は未確立だと自覚し、情報発信は停止するぐらいの措置があってもいい。
 だが、彼にはそんなつもりはまったくないようだ。
 発生時期が少しずれただけで、予測は当たっていたということで、やり過ごすつもりらしい。
 これを面白がって取り上げるメディアも依然存在する。
 そろそろ、彼のいい加減さを究明するメディアが登場してもいいころだ。


 彼は、4月13日に取り下げたと言っているが、実際に取り下げたのは4月6日のメルマガだった。
 こういうところにも、彼の不誠実さがにじみ出る。
posted by 平野喜久 at 18:46| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世事雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする